このメニューでは池袋の美容外科についての情報をお届けしています。
バッカルファットは池袋の美容外科で若返り

バッカルファットは池袋の美容外科で若返り


バッカルファットは池袋の美容外科で若返り
思わず「最高!」と叫びたくなってしまうような美容対策方法が現在では様々知られています。
自宅で可能なサプリメントや家庭用美容アイテム、そしてエステやクリニックなどなどまずは口コミを確認してみてください。 深い層にある脂肪であるバッカルファットというのは、口の中に約5 mmの入り口をつけていきます。
ある程度のお肌へのダメージはありますが、非常に小さな入口を形成しますので、ご安心ください。

「ばれない腫れないバッカルファット」につきましては、最小限のダウンタイムで小顔を作ることが可能となっています。
美容クリニックのカウンセリング時にもしバッカルファットの施術をご希望でしたら、ハッキリと伝えましょう。美容クリニックで提供されているバッカルファットによって頬の脂肪を落とすことが出来ます。
もし浅い層でしたら従来の注射などが効果的であり、深い層の脂肪はバッカルファットが効率的です。



バッカルファットは池袋の美容外科で若返りブログ:10-6-17

なんか、今日は気分が悪いです

「鳥肌が立つ」という感覚。
この「鳥肌感」は不快な時と快感な時の両方感じるものですね。

例えば、自分の心にずっしり響く音楽を聴いたときや、映像を見たとき。
これは、快感の果ての鳥肌です。

逆の場合、何故かその鳥肌感はなかなか消えることなく、
ざわざわと首筋や腕や背中を騒がせる…とてつもなく嫌な感じ。

「黒板に爪を立てる音が最悪」とか、
「一斉に並んだ○○を見るともうダメ」など、
人によって様々なマイナス鳥肌感がありますが、

ぼくの場合、「割り箸」がその最たるものなのです。

割り箸を代表として、
爪楊枝、アイスクリームのヘラなどがあります。

くちに入れたら最後、
くちの中の水分が全て吸い取られるようなあの感覚…
あーっ、考えただけで鳥肌が!

例えば
11時食のお弁当に買い割り箸が付いてくると、
行儀が悪くてもお茶や味噌汁にじっくりと箸を浸して、
あのガサガサ感を払拭しない限り、
ぼくはいつまでもお弁当を食べられないのです。

更にコンビニでアイスクリームを購入する時は、
店員さんが当然のように「ヘラ」をレジ袋に入れようとするのを制し
「す、すみません、プラスチックにしてください!」と懇願。

凍ったままのアイスクリームの表面に突き刺さる
ヘラのガサガサを想像するにつけ、
アイスクリームの冷たさ以前に
ゾゾ-ッと背筋を寒い感覚が走り抜けるのです。

アイスクリーム食べたい、でもこのヘラは使いたくない、
でも他に変わるものがないといった場合は、
ヘラを水にとことん浸して、色が変わるくらい馴染ませてから、
溶けかかったアイスクリームをすくうのです。
こんな面倒な手間を面倒と思わせないほどのヘラ威力。

爪楊枝をくわえる人を見ると
「くちの水分は大丈夫なのか?」と心配になってしまいます。

明日はいい日だ。がんばろ~^^


バッカルファットは池袋の美容外科で若返りブログ:10-6-17

なんか、今日は気分が悪いです

「鳥肌が立つ」という感覚。
この「鳥肌感」は不快な時と快感な時の両方感じるものですね。

例えば、自分の心にずっしり響く音楽を聴いたときや、映像を見たとき。
これは、快感の果ての鳥肌です。

逆の場合、何故かその鳥肌感はなかなか消えることなく、
ざわざわと首筋や腕や背中を騒がせる…とてつもなく嫌な感じ。

「黒板に爪を立てる音が最悪」とか、
「一斉に並んだ○○を見るともうダメ」など、
人によって様々なマイナス鳥肌感がありますが、

ぼくの場合、「割り箸」がその最たるものなのです。

割り箸を代表として、
爪楊枝、アイスクリームのヘラなどがあります。

くちに入れたら最後、
くちの中の水分が全て吸い取られるようなあの感覚…
あーっ、考えただけで鳥肌が!

例えば
11時食のお弁当に買い割り箸が付いてくると、
行儀が悪くてもお茶や味噌汁にじっくりと箸を浸して、
あのガサガサ感を払拭しない限り、
ぼくはいつまでもお弁当を食べられないのです。

更にコンビニでアイスクリームを購入する時は、
店員さんが当然のように「ヘラ」をレジ袋に入れようとするのを制し
「す、すみません、プラスチックにしてください!」と懇願。

凍ったままのアイスクリームの表面に突き刺さる
ヘラのガサガサを想像するにつけ、
アイスクリームの冷たさ以前に
ゾゾ-ッと背筋を寒い感覚が走り抜けるのです。

アイスクリーム食べたい、でもこのヘラは使いたくない、
でも他に変わるものがないといった場合は、
ヘラを水にとことん浸して、色が変わるくらい馴染ませてから、
溶けかかったアイスクリームをすくうのです。
こんな面倒な手間を面倒と思わせないほどのヘラ威力。

爪楊枝をくわえる人を見ると
「くちの水分は大丈夫なのか?」と心配になってしまいます。

明日はいい日だ。がんばろ~^^


バッカルファットは池袋の美容外科で若返りブログ:10-6-17

なんか、今日は気分が悪いです

「鳥肌が立つ」という感覚。
この「鳥肌感」は不快な時と快感な時の両方感じるものですね。

例えば、自分の心にずっしり響く音楽を聴いたときや、映像を見たとき。
これは、快感の果ての鳥肌です。

逆の場合、何故かその鳥肌感はなかなか消えることなく、
ざわざわと首筋や腕や背中を騒がせる…とてつもなく嫌な感じ。

「黒板に爪を立てる音が最悪」とか、
「一斉に並んだ○○を見るともうダメ」など、
人によって様々なマイナス鳥肌感がありますが、

ぼくの場合、「割り箸」がその最たるものなのです。

割り箸を代表として、
爪楊枝、アイスクリームのヘラなどがあります。

くちに入れたら最後、
くちの中の水分が全て吸い取られるようなあの感覚…
あーっ、考えただけで鳥肌が!

例えば
11時食のお弁当に買い割り箸が付いてくると、
行儀が悪くてもお茶や味噌汁にじっくりと箸を浸して、
あのガサガサ感を払拭しない限り、
ぼくはいつまでもお弁当を食べられないのです。

更にコンビニでアイスクリームを購入する時は、
店員さんが当然のように「ヘラ」をレジ袋に入れようとするのを制し
「す、すみません、プラスチックにしてください!」と懇願。

凍ったままのアイスクリームの表面に突き刺さる
ヘラのガサガサを想像するにつけ、
アイスクリームの冷たさ以前に
ゾゾ-ッと背筋を寒い感覚が走り抜けるのです。

アイスクリーム食べたい、でもこのヘラは使いたくない、
でも他に変わるものがないといった場合は、
ヘラを水にとことん浸して、色が変わるくらい馴染ませてから、
溶けかかったアイスクリームをすくうのです。
こんな面倒な手間を面倒と思わせないほどのヘラ威力。

爪楊枝をくわえる人を見ると
「くちの水分は大丈夫なのか?」と心配になってしまいます。

明日はいい日だ。がんばろ~^^


バッカルファットは池袋の美容外科で若返りブログ:10-6-17

なんか、今日は気分が悪いです

「鳥肌が立つ」という感覚。
この「鳥肌感」は不快な時と快感な時の両方感じるものですね。

例えば、自分の心にずっしり響く音楽を聴いたときや、映像を見たとき。
これは、快感の果ての鳥肌です。

逆の場合、何故かその鳥肌感はなかなか消えることなく、
ざわざわと首筋や腕や背中を騒がせる…とてつもなく嫌な感じ。

「黒板に爪を立てる音が最悪」とか、
「一斉に並んだ○○を見るともうダメ」など、
人によって様々なマイナス鳥肌感がありますが、

ぼくの場合、「割り箸」がその最たるものなのです。

割り箸を代表として、
爪楊枝、アイスクリームのヘラなどがあります。

くちに入れたら最後、
くちの中の水分が全て吸い取られるようなあの感覚…
あーっ、考えただけで鳥肌が!

例えば
11時食のお弁当に買い割り箸が付いてくると、
行儀が悪くてもお茶や味噌汁にじっくりと箸を浸して、
あのガサガサ感を払拭しない限り、
ぼくはいつまでもお弁当を食べられないのです。

更にコンビニでアイスクリームを購入する時は、
店員さんが当然のように「ヘラ」をレジ袋に入れようとするのを制し
「す、すみません、プラスチックにしてください!」と懇願。

凍ったままのアイスクリームの表面に突き刺さる
ヘラのガサガサを想像するにつけ、
アイスクリームの冷たさ以前に
ゾゾ-ッと背筋を寒い感覚が走り抜けるのです。

アイスクリーム食べたい、でもこのヘラは使いたくない、
でも他に変わるものがないといった場合は、
ヘラを水にとことん浸して、色が変わるくらい馴染ませてから、
溶けかかったアイスクリームをすくうのです。
こんな面倒な手間を面倒と思わせないほどのヘラ威力。

爪楊枝をくわえる人を見ると
「くちの水分は大丈夫なのか?」と心配になってしまいます。

明日はいい日だ。がんばろ~^^


バッカルファットは池袋の美容外科で若返りブログ:10-6-17

なんか、今日は気分が悪いです

「鳥肌が立つ」という感覚。
この「鳥肌感」は不快な時と快感な時の両方感じるものですね。

例えば、自分の心にずっしり響く音楽を聴いたときや、映像を見たとき。
これは、快感の果ての鳥肌です。

逆の場合、何故かその鳥肌感はなかなか消えることなく、
ざわざわと首筋や腕や背中を騒がせる…とてつもなく嫌な感じ。

「黒板に爪を立てる音が最悪」とか、
「一斉に並んだ○○を見るともうダメ」など、
人によって様々なマイナス鳥肌感がありますが、

ぼくの場合、「割り箸」がその最たるものなのです。

割り箸を代表として、
爪楊枝、アイスクリームのヘラなどがあります。

くちに入れたら最後、
くちの中の水分が全て吸い取られるようなあの感覚…
あーっ、考えただけで鳥肌が!

例えば
11時食のお弁当に買い割り箸が付いてくると、
行儀が悪くてもお茶や味噌汁にじっくりと箸を浸して、
あのガサガサ感を払拭しない限り、
ぼくはいつまでもお弁当を食べられないのです。

更にコンビニでアイスクリームを購入する時は、
店員さんが当然のように「ヘラ」をレジ袋に入れようとするのを制し
「す、すみません、プラスチックにしてください!」と懇願。

凍ったままのアイスクリームの表面に突き刺さる
ヘラのガサガサを想像するにつけ、
アイスクリームの冷たさ以前に
ゾゾ-ッと背筋を寒い感覚が走り抜けるのです。

アイスクリーム食べたい、でもこのヘラは使いたくない、
でも他に変わるものがないといった場合は、
ヘラを水にとことん浸して、色が変わるくらい馴染ませてから、
溶けかかったアイスクリームをすくうのです。
こんな面倒な手間を面倒と思わせないほどのヘラ威力。

爪楊枝をくわえる人を見ると
「くちの水分は大丈夫なのか?」と心配になってしまいます。

明日はいい日だ。がんばろ~^^


バッカルファットは池袋の美容外科で若返りブログ:10-6-17

なんか、今日は気分が悪いです

「鳥肌が立つ」という感覚。
この「鳥肌感」は不快な時と快感な時の両方感じるものですね。

例えば、自分の心にずっしり響く音楽を聴いたときや、映像を見たとき。
これは、快感の果ての鳥肌です。

逆の場合、何故かその鳥肌感はなかなか消えることなく、
ざわざわと首筋や腕や背中を騒がせる…とてつもなく嫌な感じ。

「黒板に爪を立てる音が最悪」とか、
「一斉に並んだ○○を見るともうダメ」など、
人によって様々なマイナス鳥肌感がありますが、

ぼくの場合、「割り箸」がその最たるものなのです。

割り箸を代表として、
爪楊枝、アイスクリームのヘラなどがあります。

くちに入れたら最後、
くちの中の水分が全て吸い取られるようなあの感覚…
あーっ、考えただけで鳥肌が!

例えば
11時食のお弁当に買い割り箸が付いてくると、
行儀が悪くてもお茶や味噌汁にじっくりと箸を浸して、
あのガサガサ感を払拭しない限り、
ぼくはいつまでもお弁当を食べられないのです。

更にコンビニでアイスクリームを購入する時は、
店員さんが当然のように「ヘラ」をレジ袋に入れようとするのを制し
「す、すみません、プラスチックにしてください!」と懇願。

凍ったままのアイスクリームの表面に突き刺さる
ヘラのガサガサを想像するにつけ、
アイスクリームの冷たさ以前に
ゾゾ-ッと背筋を寒い感覚が走り抜けるのです。

アイスクリーム食べたい、でもこのヘラは使いたくない、
でも他に変わるものがないといった場合は、
ヘラを水にとことん浸して、色が変わるくらい馴染ませてから、
溶けかかったアイスクリームをすくうのです。
こんな面倒な手間を面倒と思わせないほどのヘラ威力。

爪楊枝をくわえる人を見ると
「くちの水分は大丈夫なのか?」と心配になってしまいます。

明日はいい日だ。がんばろ~^^


バッカルファットは池袋の美容外科で若返りブログ:10-6-17

なんか、今日は気分が悪いです

「鳥肌が立つ」という感覚。
この「鳥肌感」は不快な時と快感な時の両方感じるものですね。

例えば、自分の心にずっしり響く音楽を聴いたときや、映像を見たとき。
これは、快感の果ての鳥肌です。

逆の場合、何故かその鳥肌感はなかなか消えることなく、
ざわざわと首筋や腕や背中を騒がせる…とてつもなく嫌な感じ。

「黒板に爪を立てる音が最悪」とか、
「一斉に並んだ○○を見るともうダメ」など、
人によって様々なマイナス鳥肌感がありますが、

ぼくの場合、「割り箸」がその最たるものなのです。

割り箸を代表として、
爪楊枝、アイスクリームのヘラなどがあります。

くちに入れたら最後、
くちの中の水分が全て吸い取られるようなあの感覚…
あーっ、考えただけで鳥肌が!

例えば
11時食のお弁当に買い割り箸が付いてくると、
行儀が悪くてもお茶や味噌汁にじっくりと箸を浸して、
あのガサガサ感を払拭しない限り、
ぼくはいつまでもお弁当を食べられないのです。

更にコンビニでアイスクリームを購入する時は、
店員さんが当然のように「ヘラ」をレジ袋に入れようとするのを制し
「す、すみません、プラスチックにしてください!」と懇願。

凍ったままのアイスクリームの表面に突き刺さる
ヘラのガサガサを想像するにつけ、
アイスクリームの冷たさ以前に
ゾゾ-ッと背筋を寒い感覚が走り抜けるのです。

アイスクリーム食べたい、でもこのヘラは使いたくない、
でも他に変わるものがないといった場合は、
ヘラを水にとことん浸して、色が変わるくらい馴染ませてから、
溶けかかったアイスクリームをすくうのです。
こんな面倒な手間を面倒と思わせないほどのヘラ威力。

爪楊枝をくわえる人を見ると
「くちの水分は大丈夫なのか?」と心配になってしまいます。

明日はいい日だ。がんばろ~^^


バッカルファットは池袋の美容外科で若返りブログ:10-6-17

なんか、今日は気分が悪いです

「鳥肌が立つ」という感覚。
この「鳥肌感」は不快な時と快感な時の両方感じるものですね。

例えば、自分の心にずっしり響く音楽を聴いたときや、映像を見たとき。
これは、快感の果ての鳥肌です。

逆の場合、何故かその鳥肌感はなかなか消えることなく、
ざわざわと首筋や腕や背中を騒がせる…とてつもなく嫌な感じ。

「黒板に爪を立てる音が最悪」とか、
「一斉に並んだ○○を見るともうダメ」など、
人によって様々なマイナス鳥肌感がありますが、

ぼくの場合、「割り箸」がその最たるものなのです。

割り箸を代表として、
爪楊枝、アイスクリームのヘラなどがあります。

くちに入れたら最後、
くちの中の水分が全て吸い取られるようなあの感覚…
あーっ、考えただけで鳥肌が!

例えば
11時食のお弁当に買い割り箸が付いてくると、
行儀が悪くてもお茶や味噌汁にじっくりと箸を浸して、
あのガサガサ感を払拭しない限り、
ぼくはいつまでもお弁当を食べられないのです。

更にコンビニでアイスクリームを購入する時は、
店員さんが当然のように「ヘラ」をレジ袋に入れようとするのを制し
「す、すみません、プラスチックにしてください!」と懇願。

凍ったままのアイスクリームの表面に突き刺さる
ヘラのガサガサを想像するにつけ、
アイスクリームの冷たさ以前に
ゾゾ-ッと背筋を寒い感覚が走り抜けるのです。

アイスクリーム食べたい、でもこのヘラは使いたくない、
でも他に変わるものがないといった場合は、
ヘラを水にとことん浸して、色が変わるくらい馴染ませてから、
溶けかかったアイスクリームをすくうのです。
こんな面倒な手間を面倒と思わせないほどのヘラ威力。

爪楊枝をくわえる人を見ると
「くちの水分は大丈夫なのか?」と心配になってしまいます。

明日はいい日だ。がんばろ~^^


バッカルファットは池袋の美容外科で若返りブログ:10-6-17

なんか、今日は気分が悪いです

「鳥肌が立つ」という感覚。
この「鳥肌感」は不快な時と快感な時の両方感じるものですね。

例えば、自分の心にずっしり響く音楽を聴いたときや、映像を見たとき。
これは、快感の果ての鳥肌です。

逆の場合、何故かその鳥肌感はなかなか消えることなく、
ざわざわと首筋や腕や背中を騒がせる…とてつもなく嫌な感じ。

「黒板に爪を立てる音が最悪」とか、
「一斉に並んだ○○を見るともうダメ」など、
人によって様々なマイナス鳥肌感がありますが、

ぼくの場合、「割り箸」がその最たるものなのです。

割り箸を代表として、
爪楊枝、アイスクリームのヘラなどがあります。

くちに入れたら最後、
くちの中の水分が全て吸い取られるようなあの感覚…
あーっ、考えただけで鳥肌が!

例えば
11時食のお弁当に買い割り箸が付いてくると、
行儀が悪くてもお茶や味噌汁にじっくりと箸を浸して、
あのガサガサ感を払拭しない限り、
ぼくはいつまでもお弁当を食べられないのです。

更にコンビニでアイスクリームを購入する時は、
店員さんが当然のように「ヘラ」をレジ袋に入れようとするのを制し
「す、すみません、プラスチックにしてください!」と懇願。

凍ったままのアイスクリームの表面に突き刺さる
ヘラのガサガサを想像するにつけ、
アイスクリームの冷たさ以前に
ゾゾ-ッと背筋を寒い感覚が走り抜けるのです。

アイスクリーム食べたい、でもこのヘラは使いたくない、
でも他に変わるものがないといった場合は、
ヘラを水にとことん浸して、色が変わるくらい馴染ませてから、
溶けかかったアイスクリームをすくうのです。
こんな面倒な手間を面倒と思わせないほどのヘラ威力。

爪楊枝をくわえる人を見ると
「くちの水分は大丈夫なのか?」と心配になってしまいます。

明日はいい日だ。がんばろ~^^


バッカルファットは池袋の美容外科で若返りブログ:10-6-17

なんか、今日は気分が悪いです

「鳥肌が立つ」という感覚。
この「鳥肌感」は不快な時と快感な時の両方感じるものですね。

例えば、自分の心にずっしり響く音楽を聴いたときや、映像を見たとき。
これは、快感の果ての鳥肌です。

逆の場合、何故かその鳥肌感はなかなか消えることなく、
ざわざわと首筋や腕や背中を騒がせる…とてつもなく嫌な感じ。

「黒板に爪を立てる音が最悪」とか、
「一斉に並んだ○○を見るともうダメ」など、
人によって様々なマイナス鳥肌感がありますが、

ぼくの場合、「割り箸」がその最たるものなのです。

割り箸を代表として、
爪楊枝、アイスクリームのヘラなどがあります。

くちに入れたら最後、
くちの中の水分が全て吸い取られるようなあの感覚…
あーっ、考えただけで鳥肌が!

例えば
11時食のお弁当に買い割り箸が付いてくると、
行儀が悪くてもお茶や味噌汁にじっくりと箸を浸して、
あのガサガサ感を払拭しない限り、
ぼくはいつまでもお弁当を食べられないのです。

更にコンビニでアイスクリームを購入する時は、
店員さんが当然のように「ヘラ」をレジ袋に入れようとするのを制し
「す、すみません、プラスチックにしてください!」と懇願。

凍ったままのアイスクリームの表面に突き刺さる
ヘラのガサガサを想像するにつけ、
アイスクリームの冷たさ以前に
ゾゾ-ッと背筋を寒い感覚が走り抜けるのです。

アイスクリーム食べたい、でもこのヘラは使いたくない、
でも他に変わるものがないといった場合は、
ヘラを水にとことん浸して、色が変わるくらい馴染ませてから、
溶けかかったアイスクリームをすくうのです。
こんな面倒な手間を面倒と思わせないほどのヘラ威力。

爪楊枝をくわえる人を見ると
「くちの水分は大丈夫なのか?」と心配になってしまいます。

明日はいい日だ。がんばろ~^^


バッカルファットは池袋の美容外科で若返りブログ:10-6-17

なんか、今日は気分が悪いです

「鳥肌が立つ」という感覚。
この「鳥肌感」は不快な時と快感な時の両方感じるものですね。

例えば、自分の心にずっしり響く音楽を聴いたときや、映像を見たとき。
これは、快感の果ての鳥肌です。

逆の場合、何故かその鳥肌感はなかなか消えることなく、
ざわざわと首筋や腕や背中を騒がせる…とてつもなく嫌な感じ。

「黒板に爪を立てる音が最悪」とか、
「一斉に並んだ○○を見るともうダメ」など、
人によって様々なマイナス鳥肌感がありますが、

ぼくの場合、「割り箸」がその最たるものなのです。

割り箸を代表として、
爪楊枝、アイスクリームのヘラなどがあります。

くちに入れたら最後、
くちの中の水分が全て吸い取られるようなあの感覚…
あーっ、考えただけで鳥肌が!

例えば
11時食のお弁当に買い割り箸が付いてくると、
行儀が悪くてもお茶や味噌汁にじっくりと箸を浸して、
あのガサガサ感を払拭しない限り、
ぼくはいつまでもお弁当を食べられないのです。

更にコンビニでアイスクリームを購入する時は、
店員さんが当然のように「ヘラ」をレジ袋に入れようとするのを制し
「す、すみません、プラスチックにしてください!」と懇願。

凍ったままのアイスクリームの表面に突き刺さる
ヘラのガサガサを想像するにつけ、
アイスクリームの冷たさ以前に
ゾゾ-ッと背筋を寒い感覚が走り抜けるのです。

アイスクリーム食べたい、でもこのヘラは使いたくない、
でも他に変わるものがないといった場合は、
ヘラを水にとことん浸して、色が変わるくらい馴染ませてから、
溶けかかったアイスクリームをすくうのです。
こんな面倒な手間を面倒と思わせないほどのヘラ威力。

爪楊枝をくわえる人を見ると
「くちの水分は大丈夫なのか?」と心配になってしまいます。

明日はいい日だ。がんばろ~^^


バッカルファットは池袋の美容外科で若返りブログ:10-6-17

なんか、今日は気分が悪いです

「鳥肌が立つ」という感覚。
この「鳥肌感」は不快な時と快感な時の両方感じるものですね。

例えば、自分の心にずっしり響く音楽を聴いたときや、映像を見たとき。
これは、快感の果ての鳥肌です。

逆の場合、何故かその鳥肌感はなかなか消えることなく、
ざわざわと首筋や腕や背中を騒がせる…とてつもなく嫌な感じ。

「黒板に爪を立てる音が最悪」とか、
「一斉に並んだ○○を見るともうダメ」など、
人によって様々なマイナス鳥肌感がありますが、

ぼくの場合、「割り箸」がその最たるものなのです。

割り箸を代表として、
爪楊枝、アイスクリームのヘラなどがあります。

くちに入れたら最後、
くちの中の水分が全て吸い取られるようなあの感覚…
あーっ、考えただけで鳥肌が!

例えば
11時食のお弁当に買い割り箸が付いてくると、
行儀が悪くてもお茶や味噌汁にじっくりと箸を浸して、
あのガサガサ感を払拭しない限り、
ぼくはいつまでもお弁当を食べられないのです。

更にコンビニでアイスクリームを購入する時は、
店員さんが当然のように「ヘラ」をレジ袋に入れようとするのを制し
「す、すみません、プラスチックにしてください!」と懇願。

凍ったままのアイスクリームの表面に突き刺さる
ヘラのガサガサを想像するにつけ、
アイスクリームの冷たさ以前に
ゾゾ-ッと背筋を寒い感覚が走り抜けるのです。

アイスクリーム食べたい、でもこのヘラは使いたくない、
でも他に変わるものがないといった場合は、
ヘラを水にとことん浸して、色が変わるくらい馴染ませてから、
溶けかかったアイスクリームをすくうのです。
こんな面倒な手間を面倒と思わせないほどのヘラ威力。

爪楊枝をくわえる人を見ると
「くちの水分は大丈夫なのか?」と心配になってしまいます。

明日はいい日だ。がんばろ~^^


バッカルファットは池袋の美容外科で若返りブログ:10-6-17

なんか、今日は気分が悪いです

「鳥肌が立つ」という感覚。
この「鳥肌感」は不快な時と快感な時の両方感じるものですね。

例えば、自分の心にずっしり響く音楽を聴いたときや、映像を見たとき。
これは、快感の果ての鳥肌です。

逆の場合、何故かその鳥肌感はなかなか消えることなく、
ざわざわと首筋や腕や背中を騒がせる…とてつもなく嫌な感じ。

「黒板に爪を立てる音が最悪」とか、
「一斉に並んだ○○を見るともうダメ」など、
人によって様々なマイナス鳥肌感がありますが、

ぼくの場合、「割り箸」がその最たるものなのです。

割り箸を代表として、
爪楊枝、アイスクリームのヘラなどがあります。

くちに入れたら最後、
くちの中の水分が全て吸い取られるようなあの感覚…
あーっ、考えただけで鳥肌が!

例えば
11時食のお弁当に買い割り箸が付いてくると、
行儀が悪くてもお茶や味噌汁にじっくりと箸を浸して、
あのガサガサ感を払拭しない限り、
ぼくはいつまでもお弁当を食べられないのです。

更にコンビニでアイスクリームを購入する時は、
店員さんが当然のように「ヘラ」をレジ袋に入れようとするのを制し
「す、すみません、プラスチックにしてください!」と懇願。

凍ったままのアイスクリームの表面に突き刺さる
ヘラのガサガサを想像するにつけ、
アイスクリームの冷たさ以前に
ゾゾ-ッと背筋を寒い感覚が走り抜けるのです。

アイスクリーム食べたい、でもこのヘラは使いたくない、
でも他に変わるものがないといった場合は、
ヘラを水にとことん浸して、色が変わるくらい馴染ませてから、
溶けかかったアイスクリームをすくうのです。
こんな面倒な手間を面倒と思わせないほどのヘラ威力。

爪楊枝をくわえる人を見ると
「くちの水分は大丈夫なのか?」と心配になってしまいます。

明日はいい日だ。がんばろ~^^


バッカルファットは池袋の美容外科で若返りブログ:10-6-17

なんか、今日は気分が悪いです

「鳥肌が立つ」という感覚。
この「鳥肌感」は不快な時と快感な時の両方感じるものですね。

例えば、自分の心にずっしり響く音楽を聴いたときや、映像を見たとき。
これは、快感の果ての鳥肌です。

逆の場合、何故かその鳥肌感はなかなか消えることなく、
ざわざわと首筋や腕や背中を騒がせる…とてつもなく嫌な感じ。

「黒板に爪を立てる音が最悪」とか、
「一斉に並んだ○○を見るともうダメ」など、
人によって様々なマイナス鳥肌感がありますが、

ぼくの場合、「割り箸」がその最たるものなのです。

割り箸を代表として、
爪楊枝、アイスクリームのヘラなどがあります。

くちに入れたら最後、
くちの中の水分が全て吸い取られるようなあの感覚…
あーっ、考えただけで鳥肌が!

例えば
11時食のお弁当に買い割り箸が付いてくると、
行儀が悪くてもお茶や味噌汁にじっくりと箸を浸して、
あのガサガサ感を払拭しない限り、
ぼくはいつまでもお弁当を食べられないのです。

更にコンビニでアイスクリームを購入する時は、
店員さんが当然のように「ヘラ」をレジ袋に入れようとするのを制し
「す、すみません、プラスチックにしてください!」と懇願。

凍ったままのアイスクリームの表面に突き刺さる
ヘラのガサガサを想像するにつけ、
アイスクリームの冷たさ以前に
ゾゾ-ッと背筋を寒い感覚が走り抜けるのです。

アイスクリーム食べたい、でもこのヘラは使いたくない、
でも他に変わるものがないといった場合は、
ヘラを水にとことん浸して、色が変わるくらい馴染ませてから、
溶けかかったアイスクリームをすくうのです。
こんな面倒な手間を面倒と思わせないほどのヘラ威力。

爪楊枝をくわえる人を見ると
「くちの水分は大丈夫なのか?」と心配になってしまいます。

明日はいい日だ。がんばろ~^^


バッカルファットは池袋の美容外科で若返りブログ:10-6-17

なんか、今日は気分が悪いです

「鳥肌が立つ」という感覚。
この「鳥肌感」は不快な時と快感な時の両方感じるものですね。

例えば、自分の心にずっしり響く音楽を聴いたときや、映像を見たとき。
これは、快感の果ての鳥肌です。

逆の場合、何故かその鳥肌感はなかなか消えることなく、
ざわざわと首筋や腕や背中を騒がせる…とてつもなく嫌な感じ。

「黒板に爪を立てる音が最悪」とか、
「一斉に並んだ○○を見るともうダメ」など、
人によって様々なマイナス鳥肌感がありますが、

ぼくの場合、「割り箸」がその最たるものなのです。

割り箸を代表として、
爪楊枝、アイスクリームのヘラなどがあります。

くちに入れたら最後、
くちの中の水分が全て吸い取られるようなあの感覚…
あーっ、考えただけで鳥肌が!

例えば
11時食のお弁当に買い割り箸が付いてくると、
行儀が悪くてもお茶や味噌汁にじっくりと箸を浸して、
あのガサガサ感を払拭しない限り、
ぼくはいつまでもお弁当を食べられないのです。

更にコンビニでアイスクリームを購入する時は、
店員さんが当然のように「ヘラ」をレジ袋に入れようとするのを制し
「す、すみません、プラスチックにしてください!」と懇願。

凍ったままのアイスクリームの表面に突き刺さる
ヘラのガサガサを想像するにつけ、
アイスクリームの冷たさ以前に
ゾゾ-ッと背筋を寒い感覚が走り抜けるのです。

アイスクリーム食べたい、でもこのヘラは使いたくない、
でも他に変わるものがないといった場合は、
ヘラを水にとことん浸して、色が変わるくらい馴染ませてから、
溶けかかったアイスクリームをすくうのです。
こんな面倒な手間を面倒と思わせないほどのヘラ威力。

爪楊枝をくわえる人を見ると
「くちの水分は大丈夫なのか?」と心配になってしまいます。

明日はいい日だ。がんばろ~^^


バッカルファットは池袋の美容外科で若返りブログ:10-6-17

なんか、今日は気分が悪いです

「鳥肌が立つ」という感覚。
この「鳥肌感」は不快な時と快感な時の両方感じるものですね。

例えば、自分の心にずっしり響く音楽を聴いたときや、映像を見たとき。
これは、快感の果ての鳥肌です。

逆の場合、何故かその鳥肌感はなかなか消えることなく、
ざわざわと首筋や腕や背中を騒がせる…とてつもなく嫌な感じ。

「黒板に爪を立てる音が最悪」とか、
「一斉に並んだ○○を見るともうダメ」など、
人によって様々なマイナス鳥肌感がありますが、

ぼくの場合、「割り箸」がその最たるものなのです。

割り箸を代表として、
爪楊枝、アイスクリームのヘラなどがあります。

くちに入れたら最後、
くちの中の水分が全て吸い取られるようなあの感覚…
あーっ、考えただけで鳥肌が!

例えば
11時食のお弁当に買い割り箸が付いてくると、
行儀が悪くてもお茶や味噌汁にじっくりと箸を浸して、
あのガサガサ感を払拭しない限り、
ぼくはいつまでもお弁当を食べられないのです。

更にコンビニでアイスクリームを購入する時は、
店員さんが当然のように「ヘラ」をレジ袋に入れようとするのを制し
「す、すみません、プラスチックにしてください!」と懇願。

凍ったままのアイスクリームの表面に突き刺さる
ヘラのガサガサを想像するにつけ、
アイスクリームの冷たさ以前に
ゾゾ-ッと背筋を寒い感覚が走り抜けるのです。

アイスクリーム食べたい、でもこのヘラは使いたくない、
でも他に変わるものがないといった場合は、
ヘラを水にとことん浸して、色が変わるくらい馴染ませてから、
溶けかかったアイスクリームをすくうのです。
こんな面倒な手間を面倒と思わせないほどのヘラ威力。

爪楊枝をくわえる人を見ると
「くちの水分は大丈夫なのか?」と心配になってしまいます。

明日はいい日だ。がんばろ~^^


バッカルファットは池袋の美容外科で若返りブログ:10-6-17

なんか、今日は気分が悪いです

「鳥肌が立つ」という感覚。
この「鳥肌感」は不快な時と快感な時の両方感じるものですね。

例えば、自分の心にずっしり響く音楽を聴いたときや、映像を見たとき。
これは、快感の果ての鳥肌です。

逆の場合、何故かその鳥肌感はなかなか消えることなく、
ざわざわと首筋や腕や背中を騒がせる…とてつもなく嫌な感じ。

「黒板に爪を立てる音が最悪」とか、
「一斉に並んだ○○を見るともうダメ」など、
人によって様々なマイナス鳥肌感がありますが、

ぼくの場合、「割り箸」がその最たるものなのです。

割り箸を代表として、
爪楊枝、アイスクリームのヘラなどがあります。

くちに入れたら最後、
くちの中の水分が全て吸い取られるようなあの感覚…
あーっ、考えただけで鳥肌が!

例えば
11時食のお弁当に買い割り箸が付いてくると、
行儀が悪くてもお茶や味噌汁にじっくりと箸を浸して、
あのガサガサ感を払拭しない限り、
ぼくはいつまでもお弁当を食べられないのです。

更にコンビニでアイスクリームを購入する時は、
店員さんが当然のように「ヘラ」をレジ袋に入れようとするのを制し
「す、すみません、プラスチックにしてください!」と懇願。

凍ったままのアイスクリームの表面に突き刺さる
ヘラのガサガサを想像するにつけ、
アイスクリームの冷たさ以前に
ゾゾ-ッと背筋を寒い感覚が走り抜けるのです。

アイスクリーム食べたい、でもこのヘラは使いたくない、
でも他に変わるものがないといった場合は、
ヘラを水にとことん浸して、色が変わるくらい馴染ませてから、
溶けかかったアイスクリームをすくうのです。
こんな面倒な手間を面倒と思わせないほどのヘラ威力。

爪楊枝をくわえる人を見ると
「くちの水分は大丈夫なのか?」と心配になってしまいます。

明日はいい日だ。がんばろ~^^


バッカルファットは池袋の美容外科で若返りブログ:10-6-17

なんか、今日は気分が悪いです

「鳥肌が立つ」という感覚。
この「鳥肌感」は不快な時と快感な時の両方感じるものですね。

例えば、自分の心にずっしり響く音楽を聴いたときや、映像を見たとき。
これは、快感の果ての鳥肌です。

逆の場合、何故かその鳥肌感はなかなか消えることなく、
ざわざわと首筋や腕や背中を騒がせる…とてつもなく嫌な感じ。

「黒板に爪を立てる音が最悪」とか、
「一斉に並んだ○○を見るともうダメ」など、
人によって様々なマイナス鳥肌感がありますが、

ぼくの場合、「割り箸」がその最たるものなのです。

割り箸を代表として、
爪楊枝、アイスクリームのヘラなどがあります。

くちに入れたら最後、
くちの中の水分が全て吸い取られるようなあの感覚…
あーっ、考えただけで鳥肌が!

例えば
11時食のお弁当に買い割り箸が付いてくると、
行儀が悪くてもお茶や味噌汁にじっくりと箸を浸して、
あのガサガサ感を払拭しない限り、
ぼくはいつまでもお弁当を食べられないのです。

更にコンビニでアイスクリームを購入する時は、
店員さんが当然のように「ヘラ」をレジ袋に入れようとするのを制し
「す、すみません、プラスチックにしてください!」と懇願。

凍ったままのアイスクリームの表面に突き刺さる
ヘラのガサガサを想像するにつけ、
アイスクリームの冷たさ以前に
ゾゾ-ッと背筋を寒い感覚が走り抜けるのです。

アイスクリーム食べたい、でもこのヘラは使いたくない、
でも他に変わるものがないといった場合は、
ヘラを水にとことん浸して、色が変わるくらい馴染ませてから、
溶けかかったアイスクリームをすくうのです。
こんな面倒な手間を面倒と思わせないほどのヘラ威力。

爪楊枝をくわえる人を見ると
「くちの水分は大丈夫なのか?」と心配になってしまいます。

明日はいい日だ。がんばろ~^^


バッカルファットは池袋の美容外科で若返りブログ:10-6-17

なんか、今日は気分が悪いです

「鳥肌が立つ」という感覚。
この「鳥肌感」は不快な時と快感な時の両方感じるものですね。

例えば、自分の心にずっしり響く音楽を聴いたときや、映像を見たとき。
これは、快感の果ての鳥肌です。

逆の場合、何故かその鳥肌感はなかなか消えることなく、
ざわざわと首筋や腕や背中を騒がせる…とてつもなく嫌な感じ。

「黒板に爪を立てる音が最悪」とか、
「一斉に並んだ○○を見るともうダメ」など、
人によって様々なマイナス鳥肌感がありますが、

ぼくの場合、「割り箸」がその最たるものなのです。

割り箸を代表として、
爪楊枝、アイスクリームのヘラなどがあります。

くちに入れたら最後、
くちの中の水分が全て吸い取られるようなあの感覚…
あーっ、考えただけで鳥肌が!

例えば
11時食のお弁当に買い割り箸が付いてくると、
行儀が悪くてもお茶や味噌汁にじっくりと箸を浸して、
あのガサガサ感を払拭しない限り、
ぼくはいつまでもお弁当を食べられないのです。

更にコンビニでアイスクリームを購入する時は、
店員さんが当然のように「ヘラ」をレジ袋に入れようとするのを制し
「す、すみません、プラスチックにしてください!」と懇願。

凍ったままのアイスクリームの表面に突き刺さる
ヘラのガサガサを想像するにつけ、
アイスクリームの冷たさ以前に
ゾゾ-ッと背筋を寒い感覚が走り抜けるのです。

アイスクリーム食べたい、でもこのヘラは使いたくない、
でも他に変わるものがないといった場合は、
ヘラを水にとことん浸して、色が変わるくらい馴染ませてから、
溶けかかったアイスクリームをすくうのです。
こんな面倒な手間を面倒と思わせないほどのヘラ威力。

爪楊枝をくわえる人を見ると
「くちの水分は大丈夫なのか?」と心配になってしまいます。

明日はいい日だ。がんばろ~^^


バッカルファットは池袋の美容外科で若返りブログ:10-6-17

なんか、今日は気分が悪いです

「鳥肌が立つ」という感覚。
この「鳥肌感」は不快な時と快感な時の両方感じるものですね。

例えば、自分の心にずっしり響く音楽を聴いたときや、映像を見たとき。
これは、快感の果ての鳥肌です。

逆の場合、何故かその鳥肌感はなかなか消えることなく、
ざわざわと首筋や腕や背中を騒がせる…とてつもなく嫌な感じ。

「黒板に爪を立てる音が最悪」とか、
「一斉に並んだ○○を見るともうダメ」など、
人によって様々なマイナス鳥肌感がありますが、

ぼくの場合、「割り箸」がその最たるものなのです。

割り箸を代表として、
爪楊枝、アイスクリームのヘラなどがあります。

くちに入れたら最後、
くちの中の水分が全て吸い取られるようなあの感覚…
あーっ、考えただけで鳥肌が!

例えば
11時食のお弁当に買い割り箸が付いてくると、
行儀が悪くてもお茶や味噌汁にじっくりと箸を浸して、
あのガサガサ感を払拭しない限り、
ぼくはいつまでもお弁当を食べられないのです。

更にコンビニでアイスクリームを購入する時は、
店員さんが当然のように「ヘラ」をレジ袋に入れようとするのを制し
「す、すみません、プラスチックにしてください!」と懇願。

凍ったままのアイスクリームの表面に突き刺さる
ヘラのガサガサを想像するにつけ、
アイスクリームの冷たさ以前に
ゾゾ-ッと背筋を寒い感覚が走り抜けるのです。

アイスクリーム食べたい、でもこのヘラは使いたくない、
でも他に変わるものがないといった場合は、
ヘラを水にとことん浸して、色が変わるくらい馴染ませてから、
溶けかかったアイスクリームをすくうのです。
こんな面倒な手間を面倒と思わせないほどのヘラ威力。

爪楊枝をくわえる人を見ると
「くちの水分は大丈夫なのか?」と心配になってしまいます。

明日はいい日だ。がんばろ~^^


バッカルファットは池袋の美容外科で若返りブログ:10-6-17

なんか、今日は気分が悪いです

「鳥肌が立つ」という感覚。
この「鳥肌感」は不快な時と快感な時の両方感じるものですね。

例えば、自分の心にずっしり響く音楽を聴いたときや、映像を見たとき。
これは、快感の果ての鳥肌です。

逆の場合、何故かその鳥肌感はなかなか消えることなく、
ざわざわと首筋や腕や背中を騒がせる…とてつもなく嫌な感じ。

「黒板に爪を立てる音が最悪」とか、
「一斉に並んだ○○を見るともうダメ」など、
人によって様々なマイナス鳥肌感がありますが、

ぼくの場合、「割り箸」がその最たるものなのです。

割り箸を代表として、
爪楊枝、アイスクリームのヘラなどがあります。

くちに入れたら最後、
くちの中の水分が全て吸い取られるようなあの感覚…
あーっ、考えただけで鳥肌が!

例えば
11時食のお弁当に買い割り箸が付いてくると、
行儀が悪くてもお茶や味噌汁にじっくりと箸を浸して、
あのガサガサ感を払拭しない限り、
ぼくはいつまでもお弁当を食べられないのです。

更にコンビニでアイスクリームを購入する時は、
店員さんが当然のように「ヘラ」をレジ袋に入れようとするのを制し
「す、すみません、プラスチックにしてください!」と懇願。

凍ったままのアイスクリームの表面に突き刺さる
ヘラのガサガサを想像するにつけ、
アイスクリームの冷たさ以前に
ゾゾ-ッと背筋を寒い感覚が走り抜けるのです。

アイスクリーム食べたい、でもこのヘラは使いたくない、
でも他に変わるものがないといった場合は、
ヘラを水にとことん浸して、色が変わるくらい馴染ませてから、
溶けかかったアイスクリームをすくうのです。
こんな面倒な手間を面倒と思わせないほどのヘラ威力。

爪楊枝をくわえる人を見ると
「くちの水分は大丈夫なのか?」と心配になってしまいます。

明日はいい日だ。がんばろ~^^


バッカルファットは池袋の美容外科で若返りブログ:10-6-17

なんか、今日は気分が悪いです

「鳥肌が立つ」という感覚。
この「鳥肌感」は不快な時と快感な時の両方感じるものですね。

例えば、自分の心にずっしり響く音楽を聴いたときや、映像を見たとき。
これは、快感の果ての鳥肌です。

逆の場合、何故かその鳥肌感はなかなか消えることなく、
ざわざわと首筋や腕や背中を騒がせる…とてつもなく嫌な感じ。

「黒板に爪を立てる音が最悪」とか、
「一斉に並んだ○○を見るともうダメ」など、
人によって様々なマイナス鳥肌感がありますが、

ぼくの場合、「割り箸」がその最たるものなのです。

割り箸を代表として、
爪楊枝、アイスクリームのヘラなどがあります。

くちに入れたら最後、
くちの中の水分が全て吸い取られるようなあの感覚…
あーっ、考えただけで鳥肌が!

例えば
11時食のお弁当に買い割り箸が付いてくると、
行儀が悪くてもお茶や味噌汁にじっくりと箸を浸して、
あのガサガサ感を払拭しない限り、
ぼくはいつまでもお弁当を食べられないのです。

更にコンビニでアイスクリームを購入する時は、
店員さんが当然のように「ヘラ」をレジ袋に入れようとするのを制し
「す、すみません、プラスチックにしてください!」と懇願。

凍ったままのアイスクリームの表面に突き刺さる
ヘラのガサガサを想像するにつけ、
アイスクリームの冷たさ以前に
ゾゾ-ッと背筋を寒い感覚が走り抜けるのです。

アイスクリーム食べたい、でもこのヘラは使いたくない、
でも他に変わるものがないといった場合は、
ヘラを水にとことん浸して、色が変わるくらい馴染ませてから、
溶けかかったアイスクリームをすくうのです。
こんな面倒な手間を面倒と思わせないほどのヘラ威力。

爪楊枝をくわえる人を見ると
「くちの水分は大丈夫なのか?」と心配になってしまいます。

明日はいい日だ。がんばろ~^^


バッカルファットは池袋の美容外科で若返りブログ:10-6-17

なんか、今日は気分が悪いです

「鳥肌が立つ」という感覚。
この「鳥肌感」は不快な時と快感な時の両方感じるものですね。

例えば、自分の心にずっしり響く音楽を聴いたときや、映像を見たとき。
これは、快感の果ての鳥肌です。

逆の場合、何故かその鳥肌感はなかなか消えることなく、
ざわざわと首筋や腕や背中を騒がせる…とてつもなく嫌な感じ。

「黒板に爪を立てる音が最悪」とか、
「一斉に並んだ○○を見るともうダメ」など、
人によって様々なマイナス鳥肌感がありますが、

ぼくの場合、「割り箸」がその最たるものなのです。

割り箸を代表として、
爪楊枝、アイスクリームのヘラなどがあります。

くちに入れたら最後、
くちの中の水分が全て吸い取られるようなあの感覚…
あーっ、考えただけで鳥肌が!

例えば
11時食のお弁当に買い割り箸が付いてくると、
行儀が悪くてもお茶や味噌汁にじっくりと箸を浸して、
あのガサガサ感を払拭しない限り、
ぼくはいつまでもお弁当を食べられないのです。

更にコンビニでアイスクリームを購入する時は、
店員さんが当然のように「ヘラ」をレジ袋に入れようとするのを制し
「す、すみません、プラスチックにしてください!」と懇願。

凍ったままのアイスクリームの表面に突き刺さる
ヘラのガサガサを想像するにつけ、
アイスクリームの冷たさ以前に
ゾゾ-ッと背筋を寒い感覚が走り抜けるのです。

アイスクリーム食べたい、でもこのヘラは使いたくない、
でも他に変わるものがないといった場合は、
ヘラを水にとことん浸して、色が変わるくらい馴染ませてから、
溶けかかったアイスクリームをすくうのです。
こんな面倒な手間を面倒と思わせないほどのヘラ威力。

爪楊枝をくわえる人を見ると
「くちの水分は大丈夫なのか?」と心配になってしまいます。

明日はいい日だ。がんばろ~^^


バッカルファットは池袋の美容外科で若返りブログ:10-6-17

なんか、今日は気分が悪いです

「鳥肌が立つ」という感覚。
この「鳥肌感」は不快な時と快感な時の両方感じるものですね。

例えば、自分の心にずっしり響く音楽を聴いたときや、映像を見たとき。
これは、快感の果ての鳥肌です。

逆の場合、何故かその鳥肌感はなかなか消えることなく、
ざわざわと首筋や腕や背中を騒がせる…とてつもなく嫌な感じ。

「黒板に爪を立てる音が最悪」とか、
「一斉に並んだ○○を見るともうダメ」など、
人によって様々なマイナス鳥肌感がありますが、

ぼくの場合、「割り箸」がその最たるものなのです。

割り箸を代表として、
爪楊枝、アイスクリームのヘラなどがあります。

くちに入れたら最後、
くちの中の水分が全て吸い取られるようなあの感覚…
あーっ、考えただけで鳥肌が!

例えば
11時食のお弁当に買い割り箸が付いてくると、
行儀が悪くてもお茶や味噌汁にじっくりと箸を浸して、
あのガサガサ感を払拭しない限り、
ぼくはいつまでもお弁当を食べられないのです。

更にコンビニでアイスクリームを購入する時は、
店員さんが当然のように「ヘラ」をレジ袋に入れようとするのを制し
「す、すみません、プラスチックにしてください!」と懇願。

凍ったままのアイスクリームの表面に突き刺さる
ヘラのガサガサを想像するにつけ、
アイスクリームの冷たさ以前に
ゾゾ-ッと背筋を寒い感覚が走り抜けるのです。

アイスクリーム食べたい、でもこのヘラは使いたくない、
でも他に変わるものがないといった場合は、
ヘラを水にとことん浸して、色が変わるくらい馴染ませてから、
溶けかかったアイスクリームをすくうのです。
こんな面倒な手間を面倒と思わせないほどのヘラ威力。

爪楊枝をくわえる人を見ると
「くちの水分は大丈夫なのか?」と心配になってしまいます。

明日はいい日だ。がんばろ~^^


バッカルファットは池袋の美容外科で若返りブログ:10-6-17

なんか、今日は気分が悪いです

「鳥肌が立つ」という感覚。
この「鳥肌感」は不快な時と快感な時の両方感じるものですね。

例えば、自分の心にずっしり響く音楽を聴いたときや、映像を見たとき。
これは、快感の果ての鳥肌です。

逆の場合、何故かその鳥肌感はなかなか消えることなく、
ざわざわと首筋や腕や背中を騒がせる…とてつもなく嫌な感じ。

「黒板に爪を立てる音が最悪」とか、
「一斉に並んだ○○を見るともうダメ」など、
人によって様々なマイナス鳥肌感がありますが、

ぼくの場合、「割り箸」がその最たるものなのです。

割り箸を代表として、
爪楊枝、アイスクリームのヘラなどがあります。

くちに入れたら最後、
くちの中の水分が全て吸い取られるようなあの感覚…
あーっ、考えただけで鳥肌が!

例えば
11時食のお弁当に買い割り箸が付いてくると、
行儀が悪くてもお茶や味噌汁にじっくりと箸を浸して、
あのガサガサ感を払拭しない限り、
ぼくはいつまでもお弁当を食べられないのです。

更にコンビニでアイスクリームを購入する時は、
店員さんが当然のように「ヘラ」をレジ袋に入れようとするのを制し
「す、すみません、プラスチックにしてください!」と懇願。

凍ったままのアイスクリームの表面に突き刺さる
ヘラのガサガサを想像するにつけ、
アイスクリームの冷たさ以前に
ゾゾ-ッと背筋を寒い感覚が走り抜けるのです。

アイスクリーム食べたい、でもこのヘラは使いたくない、
でも他に変わるものがないといった場合は、
ヘラを水にとことん浸して、色が変わるくらい馴染ませてから、
溶けかかったアイスクリームをすくうのです。
こんな面倒な手間を面倒と思わせないほどのヘラ威力。

爪楊枝をくわえる人を見ると
「くちの水分は大丈夫なのか?」と心配になってしまいます。

明日はいい日だ。がんばろ~^^


バッカルファットは池袋の美容外科で若返りブログ:10-6-17

なんか、今日は気分が悪いです

「鳥肌が立つ」という感覚。
この「鳥肌感」は不快な時と快感な時の両方感じるものですね。

例えば、自分の心にずっしり響く音楽を聴いたときや、映像を見たとき。
これは、快感の果ての鳥肌です。

逆の場合、何故かその鳥肌感はなかなか消えることなく、
ざわざわと首筋や腕や背中を騒がせる…とてつもなく嫌な感じ。

「黒板に爪を立てる音が最悪」とか、
「一斉に並んだ○○を見るともうダメ」など、
人によって様々なマイナス鳥肌感がありますが、

ぼくの場合、「割り箸」がその最たるものなのです。

割り箸を代表として、
爪楊枝、アイスクリームのヘラなどがあります。

くちに入れたら最後、
くちの中の水分が全て吸い取られるようなあの感覚…
あーっ、考えただけで鳥肌が!

例えば
11時食のお弁当に買い割り箸が付いてくると、
行儀が悪くてもお茶や味噌汁にじっくりと箸を浸して、
あのガサガサ感を払拭しない限り、
ぼくはいつまでもお弁当を食べられないのです。

更にコンビニでアイスクリームを購入する時は、
店員さんが当然のように「ヘラ」をレジ袋に入れようとするのを制し
「す、すみません、プラスチックにしてください!」と懇願。

凍ったままのアイスクリームの表面に突き刺さる
ヘラのガサガサを想像するにつけ、
アイスクリームの冷たさ以前に
ゾゾ-ッと背筋を寒い感覚が走り抜けるのです。

アイスクリーム食べたい、でもこのヘラは使いたくない、
でも他に変わるものがないといった場合は、
ヘラを水にとことん浸して、色が変わるくらい馴染ませてから、
溶けかかったアイスクリームをすくうのです。
こんな面倒な手間を面倒と思わせないほどのヘラ威力。

爪楊枝をくわえる人を見ると
「くちの水分は大丈夫なのか?」と心配になってしまいます。

明日はいい日だ。がんばろ~^^


バッカルファットは池袋の美容外科で若返りブログ:10-6-17

なんか、今日は気分が悪いです

「鳥肌が立つ」という感覚。
この「鳥肌感」は不快な時と快感な時の両方感じるものですね。

例えば、自分の心にずっしり響く音楽を聴いたときや、映像を見たとき。
これは、快感の果ての鳥肌です。

逆の場合、何故かその鳥肌感はなかなか消えることなく、
ざわざわと首筋や腕や背中を騒がせる…とてつもなく嫌な感じ。

「黒板に爪を立てる音が最悪」とか、
「一斉に並んだ○○を見るともうダメ」など、
人によって様々なマイナス鳥肌感がありますが、

ぼくの場合、「割り箸」がその最たるものなのです。

割り箸を代表として、
爪楊枝、アイスクリームのヘラなどがあります。

くちに入れたら最後、
くちの中の水分が全て吸い取られるようなあの感覚…
あーっ、考えただけで鳥肌が!

例えば
11時食のお弁当に買い割り箸が付いてくると、
行儀が悪くてもお茶や味噌汁にじっくりと箸を浸して、
あのガサガサ感を払拭しない限り、
ぼくはいつまでもお弁当を食べられないのです。

更にコンビニでアイスクリームを購入する時は、
店員さんが当然のように「ヘラ」をレジ袋に入れようとするのを制し
「す、すみません、プラスチックにしてください!」と懇願。

凍ったままのアイスクリームの表面に突き刺さる
ヘラのガサガサを想像するにつけ、
アイスクリームの冷たさ以前に
ゾゾ-ッと背筋を寒い感覚が走り抜けるのです。

アイスクリーム食べたい、でもこのヘラは使いたくない、
でも他に変わるものがないといった場合は、
ヘラを水にとことん浸して、色が変わるくらい馴染ませてから、
溶けかかったアイスクリームをすくうのです。
こんな面倒な手間を面倒と思わせないほどのヘラ威力。

爪楊枝をくわえる人を見ると
「くちの水分は大丈夫なのか?」と心配になってしまいます。

明日はいい日だ。がんばろ~^^


バッカルファットは池袋の美容外科で若返りブログ:10-6-17

なんか、今日は気分が悪いです

「鳥肌が立つ」という感覚。
この「鳥肌感」は不快な時と快感な時の両方感じるものですね。

例えば、自分の心にずっしり響く音楽を聴いたときや、映像を見たとき。
これは、快感の果ての鳥肌です。

逆の場合、何故かその鳥肌感はなかなか消えることなく、
ざわざわと首筋や腕や背中を騒がせる…とてつもなく嫌な感じ。

「黒板に爪を立てる音が最悪」とか、
「一斉に並んだ○○を見るともうダメ」など、
人によって様々なマイナス鳥肌感がありますが、

ぼくの場合、「割り箸」がその最たるものなのです。

割り箸を代表として、
爪楊枝、アイスクリームのヘラなどがあります。

くちに入れたら最後、
くちの中の水分が全て吸い取られるようなあの感覚…
あーっ、考えただけで鳥肌が!

例えば
11時食のお弁当に買い割り箸が付いてくると、
行儀が悪くてもお茶や味噌汁にじっくりと箸を浸して、
あのガサガサ感を払拭しない限り、
ぼくはいつまでもお弁当を食べられないのです。

更にコンビニでアイスクリームを購入する時は、
店員さんが当然のように「ヘラ」をレジ袋に入れようとするのを制し
「す、すみません、プラスチックにしてください!」と懇願。

凍ったままのアイスクリームの表面に突き刺さる
ヘラのガサガサを想像するにつけ、
アイスクリームの冷たさ以前に
ゾゾ-ッと背筋を寒い感覚が走り抜けるのです。

アイスクリーム食べたい、でもこのヘラは使いたくない、
でも他に変わるものがないといった場合は、
ヘラを水にとことん浸して、色が変わるくらい馴染ませてから、
溶けかかったアイスクリームをすくうのです。
こんな面倒な手間を面倒と思わせないほどのヘラ威力。

爪楊枝をくわえる人を見ると
「くちの水分は大丈夫なのか?」と心配になってしまいます。

明日はいい日だ。がんばろ~^^


バッカルファットは池袋の美容外科で若返りブログ:10-6-17

なんか、今日は気分が悪いです

「鳥肌が立つ」という感覚。
この「鳥肌感」は不快な時と快感な時の両方感じるものですね。

例えば、自分の心にずっしり響く音楽を聴いたときや、映像を見たとき。
これは、快感の果ての鳥肌です。

逆の場合、何故かその鳥肌感はなかなか消えることなく、
ざわざわと首筋や腕や背中を騒がせる…とてつもなく嫌な感じ。

「黒板に爪を立てる音が最悪」とか、
「一斉に並んだ○○を見るともうダメ」など、
人によって様々なマイナス鳥肌感がありますが、

ぼくの場合、「割り箸」がその最たるものなのです。

割り箸を代表として、
爪楊枝、アイスクリームのヘラなどがあります。

くちに入れたら最後、
くちの中の水分が全て吸い取られるようなあの感覚…
あーっ、考えただけで鳥肌が!

例えば
11時食のお弁当に買い割り箸が付いてくると、
行儀が悪くてもお茶や味噌汁にじっくりと箸を浸して、
あのガサガサ感を払拭しない限り、
ぼくはいつまでもお弁当を食べられないのです。

更にコンビニでアイスクリームを購入する時は、
店員さんが当然のように「ヘラ」をレジ袋に入れようとするのを制し
「す、すみません、プラスチックにしてください!」と懇願。

凍ったままのアイスクリームの表面に突き刺さる
ヘラのガサガサを想像するにつけ、
アイスクリームの冷たさ以前に
ゾゾ-ッと背筋を寒い感覚が走り抜けるのです。

アイスクリーム食べたい、でもこのヘラは使いたくない、
でも他に変わるものがないといった場合は、
ヘラを水にとことん浸して、色が変わるくらい馴染ませてから、
溶けかかったアイスクリームをすくうのです。
こんな面倒な手間を面倒と思わせないほどのヘラ威力。

爪楊枝をくわえる人を見ると
「くちの水分は大丈夫なのか?」と心配になってしまいます。

明日はいい日だ。がんばろ~^^


バッカルファットは池袋の美容外科で若返りブログ:10-6-17

なんか、今日は気分が悪いです

「鳥肌が立つ」という感覚。
この「鳥肌感」は不快な時と快感な時の両方感じるものですね。

例えば、自分の心にずっしり響く音楽を聴いたときや、映像を見たとき。
これは、快感の果ての鳥肌です。

逆の場合、何故かその鳥肌感はなかなか消えることなく、
ざわざわと首筋や腕や背中を騒がせる…とてつもなく嫌な感じ。

「黒板に爪を立てる音が最悪」とか、
「一斉に並んだ○○を見るともうダメ」など、
人によって様々なマイナス鳥肌感がありますが、

ぼくの場合、「割り箸」がその最たるものなのです。

割り箸を代表として、
爪楊枝、アイスクリームのヘラなどがあります。

くちに入れたら最後、
くちの中の水分が全て吸い取られるようなあの感覚…
あーっ、考えただけで鳥肌が!

例えば
11時食のお弁当に買い割り箸が付いてくると、
行儀が悪くてもお茶や味噌汁にじっくりと箸を浸して、
あのガサガサ感を払拭しない限り、
ぼくはいつまでもお弁当を食べられないのです。

更にコンビニでアイスクリームを購入する時は、
店員さんが当然のように「ヘラ」をレジ袋に入れようとするのを制し
「す、すみません、プラスチックにしてください!」と懇願。

凍ったままのアイスクリームの表面に突き刺さる
ヘラのガサガサを想像するにつけ、
アイスクリームの冷たさ以前に
ゾゾ-ッと背筋を寒い感覚が走り抜けるのです。

アイスクリーム食べたい、でもこのヘラは使いたくない、
でも他に変わるものがないといった場合は、
ヘラを水にとことん浸して、色が変わるくらい馴染ませてから、
溶けかかったアイスクリームをすくうのです。
こんな面倒な手間を面倒と思わせないほどのヘラ威力。

爪楊枝をくわえる人を見ると
「くちの水分は大丈夫なのか?」と心配になってしまいます。

明日はいい日だ。がんばろ~^^


バッカルファットは池袋の美容外科で若返りブログ:10-6-17

なんか、今日は気分が悪いです

「鳥肌が立つ」という感覚。
この「鳥肌感」は不快な時と快感な時の両方感じるものですね。

例えば、自分の心にずっしり響く音楽を聴いたときや、映像を見たとき。
これは、快感の果ての鳥肌です。

逆の場合、何故かその鳥肌感はなかなか消えることなく、
ざわざわと首筋や腕や背中を騒がせる…とてつもなく嫌な感じ。

「黒板に爪を立てる音が最悪」とか、
「一斉に並んだ○○を見るともうダメ」など、
人によって様々なマイナス鳥肌感がありますが、

ぼくの場合、「割り箸」がその最たるものなのです。

割り箸を代表として、
爪楊枝、アイスクリームのヘラなどがあります。

くちに入れたら最後、
くちの中の水分が全て吸い取られるようなあの感覚…
あーっ、考えただけで鳥肌が!

例えば
11時食のお弁当に買い割り箸が付いてくると、
行儀が悪くてもお茶や味噌汁にじっくりと箸を浸して、
あのガサガサ感を払拭しない限り、
ぼくはいつまでもお弁当を食べられないのです。

更にコンビニでアイスクリームを購入する時は、
店員さんが当然のように「ヘラ」をレジ袋に入れようとするのを制し
「す、すみません、プラスチックにしてください!」と懇願。

凍ったままのアイスクリームの表面に突き刺さる
ヘラのガサガサを想像するにつけ、
アイスクリームの冷たさ以前に
ゾゾ-ッと背筋を寒い感覚が走り抜けるのです。

アイスクリーム食べたい、でもこのヘラは使いたくない、
でも他に変わるものがないといった場合は、
ヘラを水にとことん浸して、色が変わるくらい馴染ませてから、
溶けかかったアイスクリームをすくうのです。
こんな面倒な手間を面倒と思わせないほどのヘラ威力。

爪楊枝をくわえる人を見ると
「くちの水分は大丈夫なのか?」と心配になってしまいます。

明日はいい日だ。がんばろ~^^


バッカルファットは池袋の美容外科で若返りブログ:10-6-17

なんか、今日は気分が悪いです

「鳥肌が立つ」という感覚。
この「鳥肌感」は不快な時と快感な時の両方感じるものですね。

例えば、自分の心にずっしり響く音楽を聴いたときや、映像を見たとき。
これは、快感の果ての鳥肌です。

逆の場合、何故かその鳥肌感はなかなか消えることなく、
ざわざわと首筋や腕や背中を騒がせる…とてつもなく嫌な感じ。

「黒板に爪を立てる音が最悪」とか、
「一斉に並んだ○○を見るともうダメ」など、
人によって様々なマイナス鳥肌感がありますが、

ぼくの場合、「割り箸」がその最たるものなのです。

割り箸を代表として、
爪楊枝、アイスクリームのヘラなどがあります。

くちに入れたら最後、
くちの中の水分が全て吸い取られるようなあの感覚…
あーっ、考えただけで鳥肌が!

例えば
11時食のお弁当に買い割り箸が付いてくると、
行儀が悪くてもお茶や味噌汁にじっくりと箸を浸して、
あのガサガサ感を払拭しない限り、
ぼくはいつまでもお弁当を食べられないのです。

更にコンビニでアイスクリームを購入する時は、
店員さんが当然のように「ヘラ」をレジ袋に入れようとするのを制し
「す、すみません、プラスチックにしてください!」と懇願。

凍ったままのアイスクリームの表面に突き刺さる
ヘラのガサガサを想像するにつけ、
アイスクリームの冷たさ以前に
ゾゾ-ッと背筋を寒い感覚が走り抜けるのです。

アイスクリーム食べたい、でもこのヘラは使いたくない、
でも他に変わるものがないといった場合は、
ヘラを水にとことん浸して、色が変わるくらい馴染ませてから、
溶けかかったアイスクリームをすくうのです。
こんな面倒な手間を面倒と思わせないほどのヘラ威力。

爪楊枝をくわえる人を見ると
「くちの水分は大丈夫なのか?」と心配になってしまいます。

明日はいい日だ。がんばろ~^^


バッカルファットは池袋の美容外科で若返りブログ:10-6-17

なんか、今日は気分が悪いです

「鳥肌が立つ」という感覚。
この「鳥肌感」は不快な時と快感な時の両方感じるものですね。

例えば、自分の心にずっしり響く音楽を聴いたときや、映像を見たとき。
これは、快感の果ての鳥肌です。

逆の場合、何故かその鳥肌感はなかなか消えることなく、
ざわざわと首筋や腕や背中を騒がせる…とてつもなく嫌な感じ。

「黒板に爪を立てる音が最悪」とか、
「一斉に並んだ○○を見るともうダメ」など、
人によって様々なマイナス鳥肌感がありますが、

ぼくの場合、「割り箸」がその最たるものなのです。

割り箸を代表として、
爪楊枝、アイスクリームのヘラなどがあります。

くちに入れたら最後、
くちの中の水分が全て吸い取られるようなあの感覚…
あーっ、考えただけで鳥肌が!

例えば
11時食のお弁当に買い割り箸が付いてくると、
行儀が悪くてもお茶や味噌汁にじっくりと箸を浸して、
あのガサガサ感を払拭しない限り、
ぼくはいつまでもお弁当を食べられないのです。

更にコンビニでアイスクリームを購入する時は、
店員さんが当然のように「ヘラ」をレジ袋に入れようとするのを制し
「す、すみません、プラスチックにしてください!」と懇願。

凍ったままのアイスクリームの表面に突き刺さる
ヘラのガサガサを想像するにつけ、
アイスクリームの冷たさ以前に
ゾゾ-ッと背筋を寒い感覚が走り抜けるのです。

アイスクリーム食べたい、でもこのヘラは使いたくない、
でも他に変わるものがないといった場合は、
ヘラを水にとことん浸して、色が変わるくらい馴染ませてから、
溶けかかったアイスクリームをすくうのです。
こんな面倒な手間を面倒と思わせないほどのヘラ威力。

爪楊枝をくわえる人を見ると
「くちの水分は大丈夫なのか?」と心配になってしまいます。

明日はいい日だ。がんばろ~^^


バッカルファットは池袋の美容外科で若返りブログ:10-6-17

なんか、今日は気分が悪いです

「鳥肌が立つ」という感覚。
この「鳥肌感」は不快な時と快感な時の両方感じるものですね。

例えば、自分の心にずっしり響く音楽を聴いたときや、映像を見たとき。
これは、快感の果ての鳥肌です。

逆の場合、何故かその鳥肌感はなかなか消えることなく、
ざわざわと首筋や腕や背中を騒がせる…とてつもなく嫌な感じ。

「黒板に爪を立てる音が最悪」とか、
「一斉に並んだ○○を見るともうダメ」など、
人によって様々なマイナス鳥肌感がありますが、

ぼくの場合、「割り箸」がその最たるものなのです。

割り箸を代表として、
爪楊枝、アイスクリームのヘラなどがあります。

くちに入れたら最後、
くちの中の水分が全て吸い取られるようなあの感覚…
あーっ、考えただけで鳥肌が!

例えば
11時食のお弁当に買い割り箸が付いてくると、
行儀が悪くてもお茶や味噌汁にじっくりと箸を浸して、
あのガサガサ感を払拭しない限り、
ぼくはいつまでもお弁当を食べられないのです。

更にコンビニでアイスクリームを購入する時は、
店員さんが当然のように「ヘラ」をレジ袋に入れようとするのを制し
「す、すみません、プラスチックにしてください!」と懇願。

凍ったままのアイスクリームの表面に突き刺さる
ヘラのガサガサを想像するにつけ、
アイスクリームの冷たさ以前に
ゾゾ-ッと背筋を寒い感覚が走り抜けるのです。

アイスクリーム食べたい、でもこのヘラは使いたくない、
でも他に変わるものがないといった場合は、
ヘラを水にとことん浸して、色が変わるくらい馴染ませてから、
溶けかかったアイスクリームをすくうのです。
こんな面倒な手間を面倒と思わせないほどのヘラ威力。

爪楊枝をくわえる人を見ると
「くちの水分は大丈夫なのか?」と心配になってしまいます。

明日はいい日だ。がんばろ~^^


バッカルファットは池袋の美容外科で若返りブログ:10-6-17

なんか、今日は気分が悪いです

「鳥肌が立つ」という感覚。
この「鳥肌感」は不快な時と快感な時の両方感じるものですね。

例えば、自分の心にずっしり響く音楽を聴いたときや、映像を見たとき。
これは、快感の果ての鳥肌です。

逆の場合、何故かその鳥肌感はなかなか消えることなく、
ざわざわと首筋や腕や背中を騒がせる…とてつもなく嫌な感じ。

「黒板に爪を立てる音が最悪」とか、
「一斉に並んだ○○を見るともうダメ」など、
人によって様々なマイナス鳥肌感がありますが、

ぼくの場合、「割り箸」がその最たるものなのです。

割り箸を代表として、
爪楊枝、アイスクリームのヘラなどがあります。

くちに入れたら最後、
くちの中の水分が全て吸い取られるようなあの感覚…
あーっ、考えただけで鳥肌が!

例えば
11時食のお弁当に買い割り箸が付いてくると、
行儀が悪くてもお茶や味噌汁にじっくりと箸を浸して、
あのガサガサ感を払拭しない限り、
ぼくはいつまでもお弁当を食べられないのです。

更にコンビニでアイスクリームを購入する時は、
店員さんが当然のように「ヘラ」をレジ袋に入れようとするのを制し
「す、すみません、プラスチックにしてください!」と懇願。

凍ったままのアイスクリームの表面に突き刺さる
ヘラのガサガサを想像するにつけ、
アイスクリームの冷たさ以前に
ゾゾ-ッと背筋を寒い感覚が走り抜けるのです。

アイスクリーム食べたい、でもこのヘラは使いたくない、
でも他に変わるものがないといった場合は、
ヘラを水にとことん浸して、色が変わるくらい馴染ませてから、
溶けかかったアイスクリームをすくうのです。
こんな面倒な手間を面倒と思わせないほどのヘラ威力。

爪楊枝をくわえる人を見ると
「くちの水分は大丈夫なのか?」と心配になってしまいます。

明日はいい日だ。がんばろ~^^


バッカルファットは池袋の美容外科で若返りブログ:10-6-17

なんか、今日は気分が悪いです

「鳥肌が立つ」という感覚。
この「鳥肌感」は不快な時と快感な時の両方感じるものですね。

例えば、自分の心にずっしり響く音楽を聴いたときや、映像を見たとき。
これは、快感の果ての鳥肌です。

逆の場合、何故かその鳥肌感はなかなか消えることなく、
ざわざわと首筋や腕や背中を騒がせる…とてつもなく嫌な感じ。

「黒板に爪を立てる音が最悪」とか、
「一斉に並んだ○○を見るともうダメ」など、
人によって様々なマイナス鳥肌感がありますが、

ぼくの場合、「割り箸」がその最たるものなのです。

割り箸を代表として、
爪楊枝、アイスクリームのヘラなどがあります。

くちに入れたら最後、
くちの中の水分が全て吸い取られるようなあの感覚…
あーっ、考えただけで鳥肌が!

例えば
11時食のお弁当に買い割り箸が付いてくると、
行儀が悪くてもお茶や味噌汁にじっくりと箸を浸して、
あのガサガサ感を払拭しない限り、
ぼくはいつまでもお弁当を食べられないのです。

更にコンビニでアイスクリームを購入する時は、
店員さんが当然のように「ヘラ」をレジ袋に入れようとするのを制し
「す、すみません、プラスチックにしてください!」と懇願。

凍ったままのアイスクリームの表面に突き刺さる
ヘラのガサガサを想像するにつけ、
アイスクリームの冷たさ以前に
ゾゾ-ッと背筋を寒い感覚が走り抜けるのです。

アイスクリーム食べたい、でもこのヘラは使いたくない、
でも他に変わるものがないといった場合は、
ヘラを水にとことん浸して、色が変わるくらい馴染ませてから、
溶けかかったアイスクリームをすくうのです。
こんな面倒な手間を面倒と思わせないほどのヘラ威力。

爪楊枝をくわえる人を見ると
「くちの水分は大丈夫なのか?」と心配になってしまいます。

明日はいい日だ。がんばろ~^^


バッカルファットは池袋の美容外科で若返りブログ:10-6-17

なんか、今日は気分が悪いです

「鳥肌が立つ」という感覚。
この「鳥肌感」は不快な時と快感な時の両方感じるものですね。

例えば、自分の心にずっしり響く音楽を聴いたときや、映像を見たとき。
これは、快感の果ての鳥肌です。

逆の場合、何故かその鳥肌感はなかなか消えることなく、
ざわざわと首筋や腕や背中を騒がせる…とてつもなく嫌な感じ。

「黒板に爪を立てる音が最悪」とか、
「一斉に並んだ○○を見るともうダメ」など、
人によって様々なマイナス鳥肌感がありますが、

ぼくの場合、「割り箸」がその最たるものなのです。

割り箸を代表として、
爪楊枝、アイスクリームのヘラなどがあります。

くちに入れたら最後、
くちの中の水分が全て吸い取られるようなあの感覚…
あーっ、考えただけで鳥肌が!

例えば
11時食のお弁当に買い割り箸が付いてくると、
行儀が悪くてもお茶や味噌汁にじっくりと箸を浸して、
あのガサガサ感を払拭しない限り、
ぼくはいつまでもお弁当を食べられないのです。

更にコンビニでアイスクリームを購入する時は、
店員さんが当然のように「ヘラ」をレジ袋に入れようとするのを制し
「す、すみません、プラスチックにしてください!」と懇願。

凍ったままのアイスクリームの表面に突き刺さる
ヘラのガサガサを想像するにつけ、
アイスクリームの冷たさ以前に
ゾゾ-ッと背筋を寒い感覚が走り抜けるのです。

アイスクリーム食べたい、でもこのヘラは使いたくない、
でも他に変わるものがないといった場合は、
ヘラを水にとことん浸して、色が変わるくらい馴染ませてから、
溶けかかったアイスクリームをすくうのです。
こんな面倒な手間を面倒と思わせないほどのヘラ威力。

爪楊枝をくわえる人を見ると
「くちの水分は大丈夫なのか?」と心配になってしまいます。

明日はいい日だ。がんばろ~^^


バッカルファットは池袋の美容外科で若返りブログ:10-6-17

なんか、今日は気分が悪いです

「鳥肌が立つ」という感覚。
この「鳥肌感」は不快な時と快感な時の両方感じるものですね。

例えば、自分の心にずっしり響く音楽を聴いたときや、映像を見たとき。
これは、快感の果ての鳥肌です。

逆の場合、何故かその鳥肌感はなかなか消えることなく、
ざわざわと首筋や腕や背中を騒がせる…とてつもなく嫌な感じ。

「黒板に爪を立てる音が最悪」とか、
「一斉に並んだ○○を見るともうダメ」など、
人によって様々なマイナス鳥肌感がありますが、

ぼくの場合、「割り箸」がその最たるものなのです。

割り箸を代表として、
爪楊枝、アイスクリームのヘラなどがあります。

くちに入れたら最後、
くちの中の水分が全て吸い取られるようなあの感覚…
あーっ、考えただけで鳥肌が!

例えば
11時食のお弁当に買い割り箸が付いてくると、
行儀が悪くてもお茶や味噌汁にじっくりと箸を浸して、
あのガサガサ感を払拭しない限り、
ぼくはいつまでもお弁当を食べられないのです。

更にコンビニでアイスクリームを購入する時は、
店員さんが当然のように「ヘラ」をレジ袋に入れようとするのを制し
「す、すみません、プラスチックにしてください!」と懇願。

凍ったままのアイスクリームの表面に突き刺さる
ヘラのガサガサを想像するにつけ、
アイスクリームの冷たさ以前に
ゾゾ-ッと背筋を寒い感覚が走り抜けるのです。

アイスクリーム食べたい、でもこのヘラは使いたくない、
でも他に変わるものがないといった場合は、
ヘラを水にとことん浸して、色が変わるくらい馴染ませてから、
溶けかかったアイスクリームをすくうのです。
こんな面倒な手間を面倒と思わせないほどのヘラ威力。

爪楊枝をくわえる人を見ると
「くちの水分は大丈夫なのか?」と心配になってしまいます。

明日はいい日だ。がんばろ~^^


バッカルファットは池袋の美容外科で若返りブログ:10-6-17

なんか、今日は気分が悪いです

「鳥肌が立つ」という感覚。
この「鳥肌感」は不快な時と快感な時の両方感じるものですね。

例えば、自分の心にずっしり響く音楽を聴いたときや、映像を見たとき。
これは、快感の果ての鳥肌です。

逆の場合、何故かその鳥肌感はなかなか消えることなく、
ざわざわと首筋や腕や背中を騒がせる…とてつもなく嫌な感じ。

「黒板に爪を立てる音が最悪」とか、
「一斉に並んだ○○を見るともうダメ」など、
人によって様々なマイナス鳥肌感がありますが、

ぼくの場合、「割り箸」がその最たるものなのです。

割り箸を代表として、
爪楊枝、アイスクリームのヘラなどがあります。

くちに入れたら最後、
くちの中の水分が全て吸い取られるようなあの感覚…
あーっ、考えただけで鳥肌が!

例えば
11時食のお弁当に買い割り箸が付いてくると、
行儀が悪くてもお茶や味噌汁にじっくりと箸を浸して、
あのガサガサ感を払拭しない限り、
ぼくはいつまでもお弁当を食べられないのです。

更にコンビニでアイスクリームを購入する時は、
店員さんが当然のように「ヘラ」をレジ袋に入れようとするのを制し
「す、すみません、プラスチックにしてください!」と懇願。

凍ったままのアイスクリームの表面に突き刺さる
ヘラのガサガサを想像するにつけ、
アイスクリームの冷たさ以前に
ゾゾ-ッと背筋を寒い感覚が走り抜けるのです。

アイスクリーム食べたい、でもこのヘラは使いたくない、
でも他に変わるものがないといった場合は、
ヘラを水にとことん浸して、色が変わるくらい馴染ませてから、
溶けかかったアイスクリームをすくうのです。
こんな面倒な手間を面倒と思わせないほどのヘラ威力。

爪楊枝をくわえる人を見ると
「くちの水分は大丈夫なのか?」と心配になってしまいます。

明日はいい日だ。がんばろ~^^


バッカルファットは池袋の美容外科で若返りブログ:10-6-17

なんか、今日は気分が悪いです

「鳥肌が立つ」という感覚。
この「鳥肌感」は不快な時と快感な時の両方感じるものですね。

例えば、自分の心にずっしり響く音楽を聴いたときや、映像を見たとき。
これは、快感の果ての鳥肌です。

逆の場合、何故かその鳥肌感はなかなか消えることなく、
ざわざわと首筋や腕や背中を騒がせる…とてつもなく嫌な感じ。

「黒板に爪を立てる音が最悪」とか、
「一斉に並んだ○○を見るともうダメ」など、
人によって様々なマイナス鳥肌感がありますが、

ぼくの場合、「割り箸」がその最たるものなのです。

割り箸を代表として、
爪楊枝、アイスクリームのヘラなどがあります。

くちに入れたら最後、
くちの中の水分が全て吸い取られるようなあの感覚…
あーっ、考えただけで鳥肌が!

例えば
11時食のお弁当に買い割り箸が付いてくると、
行儀が悪くてもお茶や味噌汁にじっくりと箸を浸して、
あのガサガサ感を払拭しない限り、
ぼくはいつまでもお弁当を食べられないのです。

更にコンビニでアイスクリームを購入する時は、
店員さんが当然のように「ヘラ」をレジ袋に入れようとするのを制し
「す、すみません、プラスチックにしてください!」と懇願。

凍ったままのアイスクリームの表面に突き刺さる
ヘラのガサガサを想像するにつけ、
アイスクリームの冷たさ以前に
ゾゾ-ッと背筋を寒い感覚が走り抜けるのです。

アイスクリーム食べたい、でもこのヘラは使いたくない、
でも他に変わるものがないといった場合は、
ヘラを水にとことん浸して、色が変わるくらい馴染ませてから、
溶けかかったアイスクリームをすくうのです。
こんな面倒な手間を面倒と思わせないほどのヘラ威力。

爪楊枝をくわえる人を見ると
「くちの水分は大丈夫なのか?」と心配になってしまいます。

明日はいい日だ。がんばろ~^^


バッカルファットは池袋の美容外科で若返りブログ:10-6-17

なんか、今日は気分が悪いです

「鳥肌が立つ」という感覚。
この「鳥肌感」は不快な時と快感な時の両方感じるものですね。

例えば、自分の心にずっしり響く音楽を聴いたときや、映像を見たとき。
これは、快感の果ての鳥肌です。

逆の場合、何故かその鳥肌感はなかなか消えることなく、
ざわざわと首筋や腕や背中を騒がせる…とてつもなく嫌な感じ。

「黒板に爪を立てる音が最悪」とか、
「一斉に並んだ○○を見るともうダメ」など、
人によって様々なマイナス鳥肌感がありますが、

ぼくの場合、「割り箸」がその最たるものなのです。

割り箸を代表として、
爪楊枝、アイスクリームのヘラなどがあります。

くちに入れたら最後、
くちの中の水分が全て吸い取られるようなあの感覚…
あーっ、考えただけで鳥肌が!

例えば
11時食のお弁当に買い割り箸が付いてくると、
行儀が悪くてもお茶や味噌汁にじっくりと箸を浸して、
あのガサガサ感を払拭しない限り、
ぼくはいつまでもお弁当を食べられないのです。

更にコンビニでアイスクリームを購入する時は、
店員さんが当然のように「ヘラ」をレジ袋に入れようとするのを制し
「す、すみません、プラスチックにしてください!」と懇願。

凍ったままのアイスクリームの表面に突き刺さる
ヘラのガサガサを想像するにつけ、
アイスクリームの冷たさ以前に
ゾゾ-ッと背筋を寒い感覚が走り抜けるのです。

アイスクリーム食べたい、でもこのヘラは使いたくない、
でも他に変わるものがないといった場合は、
ヘラを水にとことん浸して、色が変わるくらい馴染ませてから、
溶けかかったアイスクリームをすくうのです。
こんな面倒な手間を面倒と思わせないほどのヘラ威力。

爪楊枝をくわえる人を見ると
「くちの水分は大丈夫なのか?」と心配になってしまいます。

明日はいい日だ。がんばろ~^^


バッカルファットは池袋の美容外科で若返りブログ:10-6-17

なんか、今日は気分が悪いです

「鳥肌が立つ」という感覚。
この「鳥肌感」は不快な時と快感な時の両方感じるものですね。

例えば、自分の心にずっしり響く音楽を聴いたときや、映像を見たとき。
これは、快感の果ての鳥肌です。

逆の場合、何故かその鳥肌感はなかなか消えることなく、
ざわざわと首筋や腕や背中を騒がせる…とてつもなく嫌な感じ。

「黒板に爪を立てる音が最悪」とか、
「一斉に並んだ○○を見るともうダメ」など、
人によって様々なマイナス鳥肌感がありますが、

ぼくの場合、「割り箸」がその最たるものなのです。

割り箸を代表として、
爪楊枝、アイスクリームのヘラなどがあります。

くちに入れたら最後、
くちの中の水分が全て吸い取られるようなあの感覚…
あーっ、考えただけで鳥肌が!

例えば
11時食のお弁当に買い割り箸が付いてくると、
行儀が悪くてもお茶や味噌汁にじっくりと箸を浸して、
あのガサガサ感を払拭しない限り、
ぼくはいつまでもお弁当を食べられないのです。

更にコンビニでアイスクリームを購入する時は、
店員さんが当然のように「ヘラ」をレジ袋に入れようとするのを制し
「す、すみません、プラスチックにしてください!」と懇願。

凍ったままのアイスクリームの表面に突き刺さる
ヘラのガサガサを想像するにつけ、
アイスクリームの冷たさ以前に
ゾゾ-ッと背筋を寒い感覚が走り抜けるのです。

アイスクリーム食べたい、でもこのヘラは使いたくない、
でも他に変わるものがないといった場合は、
ヘラを水にとことん浸して、色が変わるくらい馴染ませてから、
溶けかかったアイスクリームをすくうのです。
こんな面倒な手間を面倒と思わせないほどのヘラ威力。

爪楊枝をくわえる人を見ると
「くちの水分は大丈夫なのか?」と心配になってしまいます。

明日はいい日だ。がんばろ~^^


バッカルファットは池袋の美容外科で若返りブログ:10-6-17

なんか、今日は気分が悪いです

「鳥肌が立つ」という感覚。
この「鳥肌感」は不快な時と快感な時の両方感じるものですね。

例えば、自分の心にずっしり響く音楽を聴いたときや、映像を見たとき。
これは、快感の果ての鳥肌です。

逆の場合、何故かその鳥肌感はなかなか消えることなく、
ざわざわと首筋や腕や背中を騒がせる…とてつもなく嫌な感じ。

「黒板に爪を立てる音が最悪」とか、
「一斉に並んだ○○を見るともうダメ」など、
人によって様々なマイナス鳥肌感がありますが、

ぼくの場合、「割り箸」がその最たるものなのです。

割り箸を代表として、
爪楊枝、アイスクリームのヘラなどがあります。

くちに入れたら最後、
くちの中の水分が全て吸い取られるようなあの感覚…
あーっ、考えただけで鳥肌が!

例えば
11時食のお弁当に買い割り箸が付いてくると、
行儀が悪くてもお茶や味噌汁にじっくりと箸を浸して、
あのガサガサ感を払拭しない限り、
ぼくはいつまでもお弁当を食べられないのです。

更にコンビニでアイスクリームを購入する時は、
店員さんが当然のように「ヘラ」をレジ袋に入れようとするのを制し
「す、すみません、プラスチックにしてください!」と懇願。

凍ったままのアイスクリームの表面に突き刺さる
ヘラのガサガサを想像するにつけ、
アイスクリームの冷たさ以前に
ゾゾ-ッと背筋を寒い感覚が走り抜けるのです。

アイスクリーム食べたい、でもこのヘラは使いたくない、
でも他に変わるものがないといった場合は、
ヘラを水にとことん浸して、色が変わるくらい馴染ませてから、
溶けかかったアイスクリームをすくうのです。
こんな面倒な手間を面倒と思わせないほどのヘラ威力。

爪楊枝をくわえる人を見ると
「くちの水分は大丈夫なのか?」と心配になってしまいます。

明日はいい日だ。がんばろ~^^


バッカルファットは池袋の美容外科で若返りブログ:10-6-17

なんか、今日は気分が悪いです

「鳥肌が立つ」という感覚。
この「鳥肌感」は不快な時と快感な時の両方感じるものですね。

例えば、自分の心にずっしり響く音楽を聴いたときや、映像を見たとき。
これは、快感の果ての鳥肌です。

逆の場合、何故かその鳥肌感はなかなか消えることなく、
ざわざわと首筋や腕や背中を騒がせる…とてつもなく嫌な感じ。

「黒板に爪を立てる音が最悪」とか、
「一斉に並んだ○○を見るともうダメ」など、
人によって様々なマイナス鳥肌感がありますが、

ぼくの場合、「割り箸」がその最たるものなのです。

割り箸を代表として、
爪楊枝、アイスクリームのヘラなどがあります。

くちに入れたら最後、
くちの中の水分が全て吸い取られるようなあの感覚…
あーっ、考えただけで鳥肌が!

例えば
11時食のお弁当に買い割り箸が付いてくると、
行儀が悪くてもお茶や味噌汁にじっくりと箸を浸して、
あのガサガサ感を払拭しない限り、
ぼくはいつまでもお弁当を食べられないのです。

更にコンビニでアイスクリームを購入する時は、
店員さんが当然のように「ヘラ」をレジ袋に入れようとするのを制し
「す、すみません、プラスチックにしてください!」と懇願。

凍ったままのアイスクリームの表面に突き刺さる
ヘラのガサガサを想像するにつけ、
アイスクリームの冷たさ以前に
ゾゾ-ッと背筋を寒い感覚が走り抜けるのです。

アイスクリーム食べたい、でもこのヘラは使いたくない、
でも他に変わるものがないといった場合は、
ヘラを水にとことん浸して、色が変わるくらい馴染ませてから、
溶けかかったアイスクリームをすくうのです。
こんな面倒な手間を面倒と思わせないほどのヘラ威力。

爪楊枝をくわえる人を見ると
「くちの水分は大丈夫なのか?」と心配になってしまいます。

明日はいい日だ。がんばろ~^^


バッカルファットは池袋の美容外科で若返りブログ:10-6-17

なんか、今日は気分が悪いです

「鳥肌が立つ」という感覚。
この「鳥肌感」は不快な時と快感な時の両方感じるものですね。

例えば、自分の心にずっしり響く音楽を聴いたときや、映像を見たとき。
これは、快感の果ての鳥肌です。

逆の場合、何故かその鳥肌感はなかなか消えることなく、
ざわざわと首筋や腕や背中を騒がせる…とてつもなく嫌な感じ。

「黒板に爪を立てる音が最悪」とか、
「一斉に並んだ○○を見るともうダメ」など、
人によって様々なマイナス鳥肌感がありますが、

ぼくの場合、「割り箸」がその最たるものなのです。

割り箸を代表として、
爪楊枝、アイスクリームのヘラなどがあります。

くちに入れたら最後、
くちの中の水分が全て吸い取られるようなあの感覚…
あーっ、考えただけで鳥肌が!

例えば
11時食のお弁当に買い割り箸が付いてくると、
行儀が悪くてもお茶や味噌汁にじっくりと箸を浸して、
あのガサガサ感を払拭しない限り、
ぼくはいつまでもお弁当を食べられないのです。

更にコンビニでアイスクリームを購入する時は、
店員さんが当然のように「ヘラ」をレジ袋に入れようとするのを制し
「す、すみません、プラスチックにしてください!」と懇願。

凍ったままのアイスクリームの表面に突き刺さる
ヘラのガサガサを想像するにつけ、
アイスクリームの冷たさ以前に
ゾゾ-ッと背筋を寒い感覚が走り抜けるのです。

アイスクリーム食べたい、でもこのヘラは使いたくない、
でも他に変わるものがないといった場合は、
ヘラを水にとことん浸して、色が変わるくらい馴染ませてから、
溶けかかったアイスクリームをすくうのです。
こんな面倒な手間を面倒と思わせないほどのヘラ威力。

爪楊枝をくわえる人を見ると
「くちの水分は大丈夫なのか?」と心配になってしまいます。

明日はいい日だ。がんばろ~^^


バッカルファットは池袋の美容外科で若返りブログ:10-6-17

なんか、今日は気分が悪いです

「鳥肌が立つ」という感覚。
この「鳥肌感」は不快な時と快感な時の両方感じるものですね。

例えば、自分の心にずっしり響く音楽を聴いたときや、映像を見たとき。
これは、快感の果ての鳥肌です。

逆の場合、何故かその鳥肌感はなかなか消えることなく、
ざわざわと首筋や腕や背中を騒がせる…とてつもなく嫌な感じ。

「黒板に爪を立てる音が最悪」とか、
「一斉に並んだ○○を見るともうダメ」など、
人によって様々なマイナス鳥肌感がありますが、

ぼくの場合、「割り箸」がその最たるものなのです。

割り箸を代表として、
爪楊枝、アイスクリームのヘラなどがあります。

くちに入れたら最後、
くちの中の水分が全て吸い取られるようなあの感覚…
あーっ、考えただけで鳥肌が!

例えば
11時食のお弁当に買い割り箸が付いてくると、
行儀が悪くてもお茶や味噌汁にじっくりと箸を浸して、
あのガサガサ感を払拭しない限り、
ぼくはいつまでもお弁当を食べられないのです。

更にコンビニでアイスクリームを購入する時は、
店員さんが当然のように「ヘラ」をレジ袋に入れようとするのを制し
「す、すみません、プラスチックにしてください!」と懇願。

凍ったままのアイスクリームの表面に突き刺さる
ヘラのガサガサを想像するにつけ、
アイスクリームの冷たさ以前に
ゾゾ-ッと背筋を寒い感覚が走り抜けるのです。

アイスクリーム食べたい、でもこのヘラは使いたくない、
でも他に変わるものがないといった場合は、
ヘラを水にとことん浸して、色が変わるくらい馴染ませてから、
溶けかかったアイスクリームをすくうのです。
こんな面倒な手間を面倒と思わせないほどのヘラ威力。

爪楊枝をくわえる人を見ると
「くちの水分は大丈夫なのか?」と心配になってしまいます。

明日はいい日だ。がんばろ~^^


バッカルファットは池袋の美容外科で若返りブログ:10-6-17

なんか、今日は気分が悪いです

「鳥肌が立つ」という感覚。
この「鳥肌感」は不快な時と快感な時の両方感じるものですね。

例えば、自分の心にずっしり響く音楽を聴いたときや、映像を見たとき。
これは、快感の果ての鳥肌です。

逆の場合、何故かその鳥肌感はなかなか消えることなく、
ざわざわと首筋や腕や背中を騒がせる…とてつもなく嫌な感じ。

「黒板に爪を立てる音が最悪」とか、
「一斉に並んだ○○を見るともうダメ」など、
人によって様々なマイナス鳥肌感がありますが、

ぼくの場合、「割り箸」がその最たるものなのです。

割り箸を代表として、
爪楊枝、アイスクリームのヘラなどがあります。

くちに入れたら最後、
くちの中の水分が全て吸い取られるようなあの感覚…
あーっ、考えただけで鳥肌が!

例えば
11時食のお弁当に買い割り箸が付いてくると、
行儀が悪くてもお茶や味噌汁にじっくりと箸を浸して、
あのガサガサ感を払拭しない限り、
ぼくはいつまでもお弁当を食べられないのです。

更にコンビニでアイスクリームを購入する時は、
店員さんが当然のように「ヘラ」をレジ袋に入れようとするのを制し
「す、すみません、プラスチックにしてください!」と懇願。

凍ったままのアイスクリームの表面に突き刺さる
ヘラのガサガサを想像するにつけ、
アイスクリームの冷たさ以前に
ゾゾ-ッと背筋を寒い感覚が走り抜けるのです。

アイスクリーム食べたい、でもこのヘラは使いたくない、
でも他に変わるものがないといった場合は、
ヘラを水にとことん浸して、色が変わるくらい馴染ませてから、
溶けかかったアイスクリームをすくうのです。
こんな面倒な手間を面倒と思わせないほどのヘラ威力。

爪楊枝をくわえる人を見ると
「くちの水分は大丈夫なのか?」と心配になってしまいます。

明日はいい日だ。がんばろ~^^


バッカルファットは池袋の美容外科で若返りブログ:10-6-17

なんか、今日は気分が悪いです

「鳥肌が立つ」という感覚。
この「鳥肌感」は不快な時と快感な時の両方感じるものですね。

例えば、自分の心にずっしり響く音楽を聴いたときや、映像を見たとき。
これは、快感の果ての鳥肌です。

逆の場合、何故かその鳥肌感はなかなか消えることなく、
ざわざわと首筋や腕や背中を騒がせる…とてつもなく嫌な感じ。

「黒板に爪を立てる音が最悪」とか、
「一斉に並んだ○○を見るともうダメ」など、
人によって様々なマイナス鳥肌感がありますが、

ぼくの場合、「割り箸」がその最たるものなのです。

割り箸を代表として、
爪楊枝、アイスクリームのヘラなどがあります。

くちに入れたら最後、
くちの中の水分が全て吸い取られるようなあの感覚…
あーっ、考えただけで鳥肌が!

例えば
11時食のお弁当に買い割り箸が付いてくると、
行儀が悪くてもお茶や味噌汁にじっくりと箸を浸して、
あのガサガサ感を払拭しない限り、
ぼくはいつまでもお弁当を食べられないのです。

更にコンビニでアイスクリームを購入する時は、
店員さんが当然のように「ヘラ」をレジ袋に入れようとするのを制し
「す、すみません、プラスチックにしてください!」と懇願。

凍ったままのアイスクリームの表面に突き刺さる
ヘラのガサガサを想像するにつけ、
アイスクリームの冷たさ以前に
ゾゾ-ッと背筋を寒い感覚が走り抜けるのです。

アイスクリーム食べたい、でもこのヘラは使いたくない、
でも他に変わるものがないといった場合は、
ヘラを水にとことん浸して、色が変わるくらい馴染ませてから、
溶けかかったアイスクリームをすくうのです。
こんな面倒な手間を面倒と思わせないほどのヘラ威力。

爪楊枝をくわえる人を見ると
「くちの水分は大丈夫なのか?」と心配になってしまいます。

明日はいい日だ。がんばろ~^^


バッカルファットは池袋の美容外科で若返りブログ:10-6-17

なんか、今日は気分が悪いです

「鳥肌が立つ」という感覚。
この「鳥肌感」は不快な時と快感な時の両方感じるものですね。

例えば、自分の心にずっしり響く音楽を聴いたときや、映像を見たとき。
これは、快感の果ての鳥肌です。

逆の場合、何故かその鳥肌感はなかなか消えることなく、
ざわざわと首筋や腕や背中を騒がせる…とてつもなく嫌な感じ。

「黒板に爪を立てる音が最悪」とか、
「一斉に並んだ○○を見るともうダメ」など、
人によって様々なマイナス鳥肌感がありますが、

ぼくの場合、「割り箸」がその最たるものなのです。

割り箸を代表として、
爪楊枝、アイスクリームのヘラなどがあります。

くちに入れたら最後、
くちの中の水分が全て吸い取られるようなあの感覚…
あーっ、考えただけで鳥肌が!

例えば
11時食のお弁当に買い割り箸が付いてくると、
行儀が悪くてもお茶や味噌汁にじっくりと箸を浸して、
あのガサガサ感を払拭しない限り、
ぼくはいつまでもお弁当を食べられないのです。

更にコンビニでアイスクリームを購入する時は、
店員さんが当然のように「ヘラ」をレジ袋に入れようとするのを制し
「す、すみません、プラスチックにしてください!」と懇願。

凍ったままのアイスクリームの表面に突き刺さる
ヘラのガサガサを想像するにつけ、
アイスクリームの冷たさ以前に
ゾゾ-ッと背筋を寒い感覚が走り抜けるのです。

アイスクリーム食べたい、でもこのヘラは使いたくない、
でも他に変わるものがないといった場合は、
ヘラを水にとことん浸して、色が変わるくらい馴染ませてから、
溶けかかったアイスクリームをすくうのです。
こんな面倒な手間を面倒と思わせないほどのヘラ威力。

爪楊枝をくわえる人を見ると
「くちの水分は大丈夫なのか?」と心配になってしまいます。

明日はいい日だ。がんばろ~^^


バッカルファットは池袋の美容外科で若返りブログ:10-6-17

なんか、今日は気分が悪いです

「鳥肌が立つ」という感覚。
この「鳥肌感」は不快な時と快感な時の両方感じるものですね。

例えば、自分の心にずっしり響く音楽を聴いたときや、映像を見たとき。
これは、快感の果ての鳥肌です。

逆の場合、何故かその鳥肌感はなかなか消えることなく、
ざわざわと首筋や腕や背中を騒がせる…とてつもなく嫌な感じ。

「黒板に爪を立てる音が最悪」とか、
「一斉に並んだ○○を見るともうダメ」など、
人によって様々なマイナス鳥肌感がありますが、

ぼくの場合、「割り箸」がその最たるものなのです。

割り箸を代表として、
爪楊枝、アイスクリームのヘラなどがあります。

くちに入れたら最後、
くちの中の水分が全て吸い取られるようなあの感覚…
あーっ、考えただけで鳥肌が!

例えば
11時食のお弁当に買い割り箸が付いてくると、
行儀が悪くてもお茶や味噌汁にじっくりと箸を浸して、
あのガサガサ感を払拭しない限り、
ぼくはいつまでもお弁当を食べられないのです。

更にコンビニでアイスクリームを購入する時は、
店員さんが当然のように「ヘラ」をレジ袋に入れようとするのを制し
「す、すみません、プラスチックにしてください!」と懇願。

凍ったままのアイスクリームの表面に突き刺さる
ヘラのガサガサを想像するにつけ、
アイスクリームの冷たさ以前に
ゾゾ-ッと背筋を寒い感覚が走り抜けるのです。

アイスクリーム食べたい、でもこのヘラは使いたくない、
でも他に変わるものがないといった場合は、
ヘラを水にとことん浸して、色が変わるくらい馴染ませてから、
溶けかかったアイスクリームをすくうのです。
こんな面倒な手間を面倒と思わせないほどのヘラ威力。

爪楊枝をくわえる人を見ると
「くちの水分は大丈夫なのか?」と心配になってしまいます。

明日はいい日だ。がんばろ~^^


バッカルファットは池袋の美容外科で若返りブログ:10-6-17

なんか、今日は気分が悪いです

「鳥肌が立つ」という感覚。
この「鳥肌感」は不快な時と快感な時の両方感じるものですね。

例えば、自分の心にずっしり響く音楽を聴いたときや、映像を見たとき。
これは、快感の果ての鳥肌です。

逆の場合、何故かその鳥肌感はなかなか消えることなく、
ざわざわと首筋や腕や背中を騒がせる…とてつもなく嫌な感じ。

「黒板に爪を立てる音が最悪」とか、
「一斉に並んだ○○を見るともうダメ」など、
人によって様々なマイナス鳥肌感がありますが、

ぼくの場合、「割り箸」がその最たるものなのです。

割り箸を代表として、
爪楊枝、アイスクリームのヘラなどがあります。

くちに入れたら最後、
くちの中の水分が全て吸い取られるようなあの感覚…
あーっ、考えただけで鳥肌が!

例えば
11時食のお弁当に買い割り箸が付いてくると、
行儀が悪くてもお茶や味噌汁にじっくりと箸を浸して、
あのガサガサ感を払拭しない限り、
ぼくはいつまでもお弁当を食べられないのです。

更にコンビニでアイスクリームを購入する時は、
店員さんが当然のように「ヘラ」をレジ袋に入れようとするのを制し
「す、すみません、プラスチックにしてください!」と懇願。

凍ったままのアイスクリームの表面に突き刺さる
ヘラのガサガサを想像するにつけ、
アイスクリームの冷たさ以前に
ゾゾ-ッと背筋を寒い感覚が走り抜けるのです。

アイスクリーム食べたい、でもこのヘラは使いたくない、
でも他に変わるものがないといった場合は、
ヘラを水にとことん浸して、色が変わるくらい馴染ませてから、
溶けかかったアイスクリームをすくうのです。
こんな面倒な手間を面倒と思わせないほどのヘラ威力。

爪楊枝をくわえる人を見ると
「くちの水分は大丈夫なのか?」と心配になってしまいます。

明日はいい日だ。がんばろ~^^


バッカルファットは池袋の美容外科で若返りブログ:10-6-17

なんか、今日は気分が悪いです

「鳥肌が立つ」という感覚。
この「鳥肌感」は不快な時と快感な時の両方感じるものですね。

例えば、自分の心にずっしり響く音楽を聴いたときや、映像を見たとき。
これは、快感の果ての鳥肌です。

逆の場合、何故かその鳥肌感はなかなか消えることなく、
ざわざわと首筋や腕や背中を騒がせる…とてつもなく嫌な感じ。

「黒板に爪を立てる音が最悪」とか、
「一斉に並んだ○○を見るともうダメ」など、
人によって様々なマイナス鳥肌感がありますが、

ぼくの場合、「割り箸」がその最たるものなのです。

割り箸を代表として、
爪楊枝、アイスクリームのヘラなどがあります。

くちに入れたら最後、
くちの中の水分が全て吸い取られるようなあの感覚…
あーっ、考えただけで鳥肌が!

例えば
11時食のお弁当に買い割り箸が付いてくると、
行儀が悪くてもお茶や味噌汁にじっくりと箸を浸して、
あのガサガサ感を払拭しない限り、
ぼくはいつまでもお弁当を食べられないのです。

更にコンビニでアイスクリームを購入する時は、
店員さんが当然のように「ヘラ」をレジ袋に入れようとするのを制し
「す、すみません、プラスチックにしてください!」と懇願。

凍ったままのアイスクリームの表面に突き刺さる
ヘラのガサガサを想像するにつけ、
アイスクリームの冷たさ以前に
ゾゾ-ッと背筋を寒い感覚が走り抜けるのです。

アイスクリーム食べたい、でもこのヘラは使いたくない、
でも他に変わるものがないといった場合は、
ヘラを水にとことん浸して、色が変わるくらい馴染ませてから、
溶けかかったアイスクリームをすくうのです。
こんな面倒な手間を面倒と思わせないほどのヘラ威力。

爪楊枝をくわえる人を見ると
「くちの水分は大丈夫なのか?」と心配になってしまいます。

明日はいい日だ。がんばろ~^^


バッカルファットは池袋の美容外科で若返りブログ:10-6-17

なんか、今日は気分が悪いです

「鳥肌が立つ」という感覚。
この「鳥肌感」は不快な時と快感な時の両方感じるものですね。

例えば、自分の心にずっしり響く音楽を聴いたときや、映像を見たとき。
これは、快感の果ての鳥肌です。

逆の場合、何故かその鳥肌感はなかなか消えることなく、
ざわざわと首筋や腕や背中を騒がせる…とてつもなく嫌な感じ。

「黒板に爪を立てる音が最悪」とか、
「一斉に並んだ○○を見るともうダメ」など、
人によって様々なマイナス鳥肌感がありますが、

ぼくの場合、「割り箸」がその最たるものなのです。

割り箸を代表として、
爪楊枝、アイスクリームのヘラなどがあります。

くちに入れたら最後、
くちの中の水分が全て吸い取られるようなあの感覚…
あーっ、考えただけで鳥肌が!

例えば
11時食のお弁当に買い割り箸が付いてくると、
行儀が悪くてもお茶や味噌汁にじっくりと箸を浸して、
あのガサガサ感を払拭しない限り、
ぼくはいつまでもお弁当を食べられないのです。

更にコンビニでアイスクリームを購入する時は、
店員さんが当然のように「ヘラ」をレジ袋に入れようとするのを制し
「す、すみません、プラスチックにしてください!」と懇願。

凍ったままのアイスクリームの表面に突き刺さる
ヘラのガサガサを想像するにつけ、
アイスクリームの冷たさ以前に
ゾゾ-ッと背筋を寒い感覚が走り抜けるのです。

アイスクリーム食べたい、でもこのヘラは使いたくない、
でも他に変わるものがないといった場合は、
ヘラを水にとことん浸して、色が変わるくらい馴染ませてから、
溶けかかったアイスクリームをすくうのです。
こんな面倒な手間を面倒と思わせないほどのヘラ威力。

爪楊枝をくわえる人を見ると
「くちの水分は大丈夫なのか?」と心配になってしまいます。

明日はいい日だ。がんばろ~^^
バッカルファットは池袋の美容外科で若返り

バッカルファットは池袋の美容外科で若返り

★メニュー

レーザー治療は効果的な医療レーザー脱毛と呼ばれている
話題のまつげエクステの効果と特徴
スイッチルビーレーザーは色素性病変治療に対して有効
注射リフトに品川にある優良美容外科を利用
悩みのホクロを取り除く効果的な美容クリニックや皮膚科
理想を叶える若返り効果のあるアンチエイジング
バッカルファットは池袋の美容外科で若返り
トータルフェイスリフトはお肌のハリを取り戻し美しくする
効果的なレーシックは名古屋で営業する美容外科を利用
婦人科形成を利用するなら京都の美容外科


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)これで美しさの悩みを解消!インプラントと美容クラブ